音読してます

 書いたものを読み直す時、実は、音読してます。自分の場合は。

 キャラになり切って、視線含め動作なりセリフなりチェックします。

 ラブシーンであっても(笑)

 かなり真面目に。


 ああ、演技力はこの際どうでもいいです。セリフ回しが下手でも確認が出来て、誤字脱字もチェック出来れば目的達成なので。


 バーの場面とかラブシーンは、ジャズのバラードをかけながらセリフ考えたりしてます。Amazonプライムで洋画を見たりする時に、表情や動きとかも観察して妄想に活かします。


『紅茶館』の時はボサノバとかBGMは軽快なものにしてるかな? 特に意識してませんが、不思議の国・鏡の国のアリスを読み返して、頭の中でイメージを膨らませ+イカレた状態にして考えることもあります。


 どちらも、あえてBGMはナシで考えたり、見直したりすることもあります。


 『J moon』『ジャズテイストで行こう!』や『カクテルあらかると』『紅茶館』と、エブリスタでも公開しているもの(タイトル変更+改稿してるものも)は、音読するにはこれでもまだマシな方で、カクヨムとなろうだけで公開している童話パロディ・シリーズは、音読に苦労しました。


 童話パロディは有名な童話に沿ってストーリーが進みますが、唐突なファンタジー展開+ギャグなので、書いている時から笑いが止まらなくなることがありました。

 音読なんかしようものなら笑いが止まらず、セリフも読めなくなったりで、全然チェックにならないことも多かったです。


 こんな風に書くと、「そんなに面白いのか?」と、疑われそうですが、笑ってくれる方もいれば、おふざけが嫌いな方もいるのでなんとも(^^;;

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます