『ありす紅茶館でお茶をどうぞ♪』なんて書いてました

『ありす紅茶館でお茶をどうぞ♪』なんてのも書いてました。

 https://kakuyomu.jp/works/1177354054885619321


 このエッセイも相当お久しぶりなもので、約1年前に上げたお話をやっと紹介することになりました。


 横浜にある喫茶店を経営する女子のドタバタ現代ファンタジー。

 地味な元OLなぎが主人公の、『J moon』や『ジャズテイスト』とは違う、もたもたジレジレ恋愛要素で、主人公はヒロインではなくモブだし、7歳半のありすの方がヒロインかも? という、まったく誰得かもわからないお話でございます。


 アリス要素! 紅茶! たまにウサギ、ネコのもふもふ!

 この時は、そこまでもふもふにハマってなかったにしても、興味のあるものを掛け合わせてみたくなり、今も好き勝手に書いているものです。


 昨年5月に公開し始めました。季節の紅茶を取り上げながらストーリーを進め、のんびり書いても遅くても1年後には完結しようと思っていましたが、これから冬の紅茶というところでリアルが予想以上に忙しくなってしまい、終わっても次の忙しさが控えているので、夏に、いや、夏もまた別の予定が詰まっていて秋まで突っ走ることになってしまうのか……!


 今から恐ろしいですが、夏以降の忙しさはどちらも好きな分野の仕事と半分仕事とかなので、楽しみな面もあります。


 ツイッターでは、更新報告と同時に、紅茶の写真や、たま〜にイラスト付きで上げてます。

 こちらは、なろうでは書いてなくて、セルバンテスにも公開し始め、エブリスタ版では紅茶の写真とイラストを入れて公開しています。エブリスタ版はだいたいカクヨム版に追いつきましたが、一番更新が早いのはこちらカクヨム版となっております。


 そして、当初は予定になかったのですが、書いているうちに、日中だけの紅茶館経営が難しくなってきたので、夜はバーとして、閉店時間を延ばすことになります。


 と、そこで、友情出演してます、彼が!


 童話パロにも顔を出し、他ファンタジーにも魔道士役で出たりしてます。

 紅茶館の方でも、現時点で第7章になりますが、未だに従業員並みに登場してます(笑)


 普段一人暮らしなので、さびしいんでしょうかね?


 第4章の終わり頃から登場します、ユウです。

 魔道士の時も「ユウ」です。


 どこでもよろしくお願いします(?)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

酒と音楽&ファンタジー創作エピソード かがみ透 @kagami-toru

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ