ビギナーズ・ラック

 書こう書こうと思いながら、もう時期は過ぎてしまった……。

 釣りの話です。

 寒い時期でも出来る釣りはありますが、私の場合はルアーで、バス・フィッシングだったので、春・秋メインです。

 秋・冬はトラウト(マス)ならたまに釣りに行きましたが、せいぜい11月頃までじゃないと、寒くて、じっと立っているのは耐えられません。


 生き餌で海釣りホンモノの釣りの人から言わせれば、ルアー(疑似餌)など邪道! と。

 はい、その通りです。

 しかも、食べられない魚を釣り、キャッチ・アンド・リリース、つまり、釣れたら持ち帰らず、その場で戻します。

 やってみる前は、食べられない魚など釣って、何が楽しいのかと思っていました。


 ブラックバスは、触ってもぬるぬるしていないし、口が大きいので針を外すのが楽で、まさに、初心者が、釣りを体験するにはちょうどいいです。

 丈夫なので、あまり病気もしないので、水に返せます。

(マスの釣り堀では、病気や奇形っぽいのもいましたので。バスもたまには病気もいますが)


 一時期、バス釣りが流行ったので、勝手に、池とか川とか湖にバスを放して、増やしたりしたこともあったようです。

 バスやブルーギルはアメリカの魚だけあり、強くて、自然の川や湖だと、日本固有種の魚等は食べられてしまうので、今は規制され、釣り人のマナーの悪さもあり、バス釣りが禁止になった場所も増えてます。

 水底に引っかかったルアーはそのままなので、自然環境にも良くないです。

 そう考えると、ルアーを使った釣りを楽しむには、管理釣り場に限りますね。


 仲間と車2〜3台で、釣り堀や湖、一番遠くて山中湖、河口湖あたりまで行きました。

 当時、河口湖は、釣れそうなポイントは、どこもいっぱいで、しかも、糸が切れて放置したルアーや、明らかに釣り客の出したゴミ——絡まったライン(糸)、ワームや重りの入っていただろうビニール袋などが、そのまま捨ててあったりして、やたらとチャラ男っぽいのが目に付くのも、気に入りませんでした。


 ああ、釣りファッションというのもあって、雑誌に載っていたと思いますが、釣りに向いた服だとか、ウエストポーチだとかグッズが紹介されてたかと。

 実際には、手持ちのものでも全然構いません。


 ちょっと高価なもので、偏光グラスというサングラスがあって、岸から水中が見やすくなるのですが、一見して普通のサングラスなので、そのせいか、チャラチャラして見えてしまったのかも知れません。


 といって、普通の黒髪の人がそれをかけていても、チャラくは見えないので、茶髪・金髪で髪を立たせ、蛍光色の黄色いTシャツとか、蛍光オレンジの短パンだとか、デザイン的な偏光グラスだとかをしていると、すみませんが、チャラ男に見えてしまいます。


 しかも、そんな奴らが、ベラベラ喋りながら釣っていると、明らかに、魚来ません。

 魚も人間がいるのわかりますから。

 お前らが目立ってどうするんだい?


 釣りは、目立たない服装がオススメです。落ち着いた色とか、それこそ、カーキ色とか迷彩柄で。


 従って、見た目で判断してすみませんが、チャラ男たちの近くは避け、静かなところで釣りたいと思います。


 山中湖は良いです! なんと言っても、景色が!

 富士山が目の前なんです!

 (ちょっと霧が出ちゃうのが残念ですが。)

 マジンガーZの光子力研究所は、富士山麓にあった。それも、テンション上げてます!(山梨じゃなく、静岡サイドらしいけどね……)


 ですが、滅多に釣れません。

 だからか、チャラ男もいません。

 やっと釣れても、せいぜい15cmから20cm台くらい。

 ですが、一度だけ、40cm台の大物を釣ったことがあります!

 釣り堀にはいない、そういう主も潜んでます。




 さて、釣りには、ビギナーズ・ラックがあると言われています。

 私が初めて行った時、全然期待しなかったのに釣れたので、実感しました。


 厳密に言うと、初めて釣りに行ったのは、まだ高校生だったか、面倒臭くて、行きたくなかった覚えがあります。

 親の勤め先で、「家族で釣りに行こう企画」があり、神奈川のどこかか東京の西の方だったか忘れましたが、川のような綺麗な釣り堀に行きました。

 何家族か、二、三〇人はいたような?


 鮎だったと思うんですが、始めは、誰も全く釣れなかったのですが、小学生の子がいきなり釣りました。

 餌をウィンナーに変えたそうで。

 それは、ビギナーズ・ラックとは言えないかも知れませんが……。

 皆、ウィンナーを小さく切って針に付けたら、どんどん釣れました。


 今思うと、釣り堀の魚はスレていて、普通の餌には食いつかなかったんじゃないかと。

 その後は、鮎の塩焼きを、美味しくいただきました。


 以来、釣りには縁はなかったのですが、二〇代の時に、「優」のところに書いた似ているうちの一人と仲間内で、釣りが流行り、ある時、私も連れて行ってもらいました。

 皆は、既に慣れた頃だったので、私が釣れなくても初心者だからで済むと思っていました。

 まず、ルアーと竿を用意しなければなりません。皆で、釣り具屋に行き、竿は仲間内に見立ててもらいましたが、ルアーくらいは、自分で探しました。


 どんなものを選んでいいかわかりませんでしたが、なるべく本物の餌に近いものがいいかと思い、くすんだ透明気味のミミズみたいなワームを選びました。

 ワームは芋虫とかミミズに似せた形をしていて、グミみたいな感触で、動かすのに、そんなに技術もいらなそうに思えたのです。

 売っている中では、それが一番リアルミミズに近いと思いました。

 そんなのが二〇本だか袋に詰めて売ってるので、見た感じも、袋を持った感触も、気持ち悪いのですが。


 後輩が「ええ〜、そんなの選ぶんですかぁ?」と、からかってきました。確かに、あまり売れてはいないようでした。

 プラスチック製の魚型おもちゃみたいなタイプは、何を選んだか忘れました。


 そして、明け方より大分前に出発して、富士山近くの管理釣り場に行きました。

 ちょっとだけやり方を教わり、静かにリールを巻き、糸を巻き取ります。

 また投げます。

 ゆっくり巻き取ります。ランダムで、小さく動きを加えることもあります。

 また投げます。

 ひらすら、それの繰り返し。


 多分、その時、一番始めに釣れたのは、優さん似の彼でした。

 やはり、何をやっても、器用にこなします。


 そのうち、私も釣れました!

 後輩のバカにしたミミズワームで!

 やはり、ミミズと勘違いしてくれたのでしょう。30cmくらいのバスも食ってきました!


 明らかに、ビギナーズ・ラックでした。

 そのうち、バカにした後輩も、私のワームを使い始めましたが、釣れませんでした。




 また別の時でした。

 11月の寒い日だったか、もうバス釣りではなく、マス釣りだと言われ、なんだかわからないうちに、トラウト(マス)釣りについていくことにしました。

 あんまり釣れないので、たびたび場所を移動した覚えがあります。


 例の後輩と浅瀬にいた時、別の人から借りた、小さい魚型のルアーを投げていました。

「ああ、それ、釣れないヤツですよ」

 私の借りたルアーを見て、その後輩がからかいましたが、しばらくすると、釣れました! 小さいのが!

 場所が良かったのか、それからも、何匹か釣れました。

 単に、そのルアーが初心者向けだったのだと思います。


 優さん似の人も、ルアーを貸してくれた人も「すごい!」と、一緒に喜んでくれましたが、だんだん後輩が不機嫌になってきて、自分も似たルアーに変えて、同じ場所でやり始めました。

 隣で私が時々釣っていたのに対し、なぜか全然釣れず。


 それが、「来たぁ!」と言って、リールを速く巻き始めたので、私も応援していたら、何かに引っかかり……。

 無理矢理力づくで引っ張ったら、糸がブチ切れました。

 浅瀬は引っかかりやすいので……。

 こうなると、ルアーは回収不可能です。

 後輩は、ヘソを曲げて、別の場所に移りました。


 大物が釣れて感動していた人や、私のように小物を数釣って喜んでた者も。

 大きめのが釣れた途端に、白い液体をぶっかけられた人もいて、驚きました。

 メスの場合は、卵をボロボロ産むこともあるんだとか。

 そ、そうか、魚にしてみれば、最後の仕事を!?

 なんか、すみません、釣り堀とはいえ、遊んでて。という気になりました。(泣)

 やはり、釣った魚は食べて差し上げなくては、申し訳ない。




 釣りも、数こなすうちに、竿に伝わる感触で、いろいろわかるようになってきます。

 生きた魚か、根がかってる(引っかかってる)のか。

 餌らしい動き(小魚なのか虫なのか)を想像してリールを巻いていくのですが、岸から見えている魚は、ちっとも食いつかず、さらに、になると、突っついたり、引っ張ったりして、からかってくるのも、わかってきます。

 釣りは、魚との駆け引きが面白いんだと思います。


 一、二年くらい前に、すっかりご無沙汰していた山中湖近くの釣り場に行ったら、ブラックバスはもう扱わず、マスになっていました。

 バス用の疑似餌しか持っていなかったのですが、例のワームで、40cm近くはありそうなニジマスが、かかりました!

 重い上に暴れるので、引き上げかけた時点で糸が切れ、逃げられてしまいました。

 針だけでも取ってやるから出ておいで〜! というつもりでしたが、結局、行方不明。

 にしても、大きめのミミズくらいあるあんなものを、マスのような小さい口の魚が食ってくるとは思いませんでした。


 そして、一緒に行った小学生の女の子が、いきなり釣りました!

 その日は、その子が一番釣れました。

 ビギナーズ・ラック!

 やはり、釣りには、あるんですね!


 それと、もう一つ。

 釣りには、ガールズ・ラックもあるのではないかと思っています。

 その小学生の女の子は釣れても、他の男の子は全然釣れませんでした。

 TVの釣り番組でも、意外と、女性の方が釣っているようです。

 プロっぽい男性よりも、シロウト女性たちの方が、ぼんぼん釣ってる時があります。

 海釣りであっても。


 あれは、なんなんでしょうね?

 みんな、オスの魚だったんですかね?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます