だって、書くのが好きだから。

作者 篩 獅師

63

26人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 「書くのが好き」、それは、カクヨムに登録したとき、皆さんが思っていたことではないでしょうか。その原点に立ち返らせてくれる、暖かい文章です。一つ一つのテーマがごく短いのも読みやすくて良いです。
 また、ブログ調の近況ノートが面白い作者さんなので、そちらも必見です。

★★★ Excellent!!!

筆者様」のエッセイです。

彼の物語に共感し、こちらの話を読ませて頂くと、彼の心境がわかり、さらにこの方を知りたくなっていきました。

書く理由、それぞれにありますが、筆者様のようにきちんと思いを代弁して、物語に携わっていきたい、と思いました。

次の話にも期待して、星3つ送らせて頂きます。

Good!

読んでいるとなぜか作者さんから肩をポンポンと叩かれてエールを送られたようでとても温かいと感じます。読んでいて心地よい作品です。

私はまだ小説を書きたいと思っていますが、書いたことがありません。でもこの作品を読んでより書きたい、書いて「続けられる趣味にしたい」と思えました。「だって、好きなことをずっと好きであり続けるということというのは、それだけで本人に大きな意味と価値を与えるものになるわけですから。」この一文が心にしみました。ありがとうございました!

★★★ Excellent!!!

 サラリと読める文章ですが、一つひとつの言葉の奥に潜む強い意志なるものが感じ取れます。決して声を荒げることなく、罵ることなく、でも常に信じた正しき道を歩んでこられた書き手の熱き言葉です。
 
 私見ですが、物語を創造するのと、歌詞を産み出すことに差異はないと思われます。
 歌詞は極限まで言葉を削り、決められた範囲で聴き手に想像させる技術が必要では、と解釈しておりますゆえ。
 
 まだまだ熱き思いを、「書くのが好きだから」ここに集まった同志の皆さまに語っていただきたいと思います。