第2話 お姫様、そのきこりはダメです

中央線に乗りアパートに帰る。ふんふーんとあかりんの曲を鼻歌しながら、私はデスクトップパソコンのスイッチを足の親指で押しながら椅子に座る。肩にかけているかばんを、机の上にドサッと下ろしている間にパソコンが立ち上がる。えーっと、ブログの更新は、と。まだないみたい。今日は少し遅いなあ。あかりん今日は忙しいのかなあ。そんなことを、あかりんのブログ、『あかり姫のおもちゃばこ』が映っているピンク色に染まったモニターを見ながら考える。普通の人だったらブログとか日記をあらわす部分に「おもちゃばこ」とはつけない。あかりんは姫だからつけられるんだろうな。


さて、今日はなにを見ようかな。あかりんの出演している過去のTV番組?ライブのDVD?あかりんが声をあてているアニメのDVD?あかりんのおかげで無限に有意義な時間が使えるよ。ありがとう。まずはTV番組からみるね。


音楽TV魁カウントダウンのあかりん出演回をおさらい。この番組ではあかりんはいつも少しだけいじられる。イタイ子として。「お姫様キャラもうやめたら?」あかりんが他の芸能人から不当にいじられるのをみるのは、すこし心苦しい、抗議の電話をいれてもいいくらい。

だけど、あかりんは「キャラじゃないです。本当にお姫様なんです。」と切に訴えるから私は救われる。そこで笑いが起きるのは不服だが。私にとってその一連の流れは、あかりんのお姫様性をさらに強める。本当にお姫様なのに、と裏でため息をついているあかりんが頭に浮かぶから。


ああ、そういえば明日は一限が入っているから早く寝ないといけないんだった。それにレポートがあるんだった。でも今日の分のあかりんのライブDVDを私はまだ見ていない。一日一本は見ないといけないんだった。まずはそれからやらなくては。おととしのあかりんのコンサートツアー『ミラクルライト・あかりんりんりん』をDVDデッキに入れる。

あ、美穂から電話だ。やさしくておせっかいな美穂のことだから、やることをやりなさいという内容だろう。大丈夫、私は大丈夫だから。うるさい携帯を掛け布団のなかにくるませ、あかりんに集中する。あーもう、あかりん出ちゃってるじゃん。巻き戻さなきゃ。よし、ここから。手足の長いあかりんはピンクのふりふり衣装を身にまとい、まんまるい目を輝かせながら踊る。少年のような少し子供っぽい声であかりんは、報われない恋の歌を歌う。あかりんの恋の歌はいつも報われない。お姫様だもん。甘いキスが~なんて歌われた日には、あかりんはお姫様でなくなってしまう。きっとあかりんはまだ見ぬ男の子に恋しているんだろうな。だけど、お姫様としての立場があるから、永遠に片思い。でもお姫様はそんな恋の思いを周りに悟られちゃいけないの。私だけが知っている、あかりんの苦悩。お姫様の苦悩。ああ、なんて尊い、なんてお姫様なんだ、クッションをぎゅーっと両腕で抱きしめながら悶える。


夜の11時を回った。あ、そろそろ、寝なきゃ。明日一限。レポートはまぁいいや。どうせ、遅れて出しても小言を言われるくらいで済むだろう。ゆるしてぴょん、と言えばみんな許してくれる、とあかりんも言ってるし、大丈夫。あ、ブログ更新、そろそろきていてもおかしくないな。私はあかりんのブログ、『あかり姫のおもちゃばこ』を開く。

3/23(水)「ファンの皆様へ大切なお知らせ」

んん、なんだろう。




3/23(水)「ファンの皆様へ大切なお知らせ」


えー、ファンの皆様に大切なお知らせがあります。

私、あかりんこと、田丸あかりは、三月いっぱいをもちまして芸能活動を休止させていただきます。

本当に急にみなさんにこんなことをお伝えすることになり、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

あかりんは、これから自分の進むべき道を考える期間に入ります。

いつか皆さんのもとに帰ってこられる日がくることを願っています。

勝手なお願いかもしれませんが、どうかそれまであかりんのことを待っていて欲しいです。

これまで、わたしを応援してくれたファンの皆様ありがとうございました。 


田丸あかり




えーと。あかりんは芸能活動休止しちゃうんだ。えーと、自分の進むべき道を考えるんだ。えーと、お姫様はお姫様の道しか辿れないんだよ?えーと、どうやって他の道に進めるの?うーん、森の中に住んでいる木こりにでも出会った?ダメだよそいつと結婚したらお姫様じゃいられない。もうあかりんの物語は終了だよ。「あかりんは、森の中できこりと、森の動物たちと幸せに暮らしました。」で終了だよ。

あ、ブログまだ続きあるのね。


ファンクラブ会員の皆様へ。

マネージャーの鈴木です。田丸あかりの芸能活動休止に伴い、ファンクラブは4月31日をもちまして閉鎖させていただきます。それにつきまして、年会費の返金をファンクラブ会員の皆様にさせていただきます。詳しくはこちら(http://..........)をご覧ください。


どうでもいいわ。『あかりのおもちゃばこ』はあかりと私たちのスペース。あなたが書き込んで言い場所じゃないの。それに返金ってなに。いらない。そんなお金。あかりんがそうして、っていったわけじゃないのでしょ。ならいらない。

でも、本当なのね。うん、本当だということは、あかりんの文章を読んでわかっていたけどさ。だってあかりんは嘘つけないもん。お姫様だし。

どうしよう。これからはお姫様が見られなくなる。お姫様としてのあかりんはいなくなってしまう。きこりと一緒に暮らしているあかりんならば私はもう見られなくていいよ。ん?過去のあかりんを追い続ければいいって?それもいいけどさ、それなら童話のなかのお姫様で十分じゃない。わたしがあかりんを追い続けてきたのは、あかりんが現存するお姫様。確かに私とつながっているお姫様であったから。私はそんなにメルヒェンの世界に漬かり込んでいるわけではありません。リアルを求めてきたのです。リアルお姫様を。


ああ、もういいや。明日あかりんに話をつけてこなきゃ。あかりんの気が変わるまで説得しなくちゃ。きこりについていくのはやめるよう説得しなくちゃ。明日は学校休まなきゃ。美穂に休むこと謝らなきゃ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます