トランスヒューマンガンマ線バースト童話集

作者 sanpow

1109

394人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

タイトルを見ただけでは、いったい何を言っているかわからないかもしれませんが、実際こんな感じのお話です。
もうちょっと詳しく説明すると、SFの世界では古典や童話などの物語を、未来世界に外挿して、まったく別の物語にするという手法がありますが、本作はその最新型。「シンデレラ」や「かぐや姫」といった古今東西の昔話を最新のSF用語を使って大胆にアレンジしております。
たとえばシンデレラの冒頭はこんな感じ。
「名前はシンデレラといいました。正式に名乗ろうとすると公開暗号鍵やら契約知性アドレスやらで煩雑なのでここでは省略します。」

ごく当たり前のように説明抜きでSF用語を散りばめて話を進めていく、この人を食ったような語り口。
これだけだとSFに詳しくない人には敬遠されるかもしれませんが、本作の場合、ストーリー事態は大元の昔話をしっかり踏襲しているため、書いていることがよくわからなくても話には充分ついていけます。

その上でカボチャの馬車が謎の飛行体になっていたかと思えば、知性を持った竹が翁に向かってペチャクチャ喋りかけたりとSFならではの面白さもしっかり備えており、SFにあまり詳しくないという人にも是非読んでみてもらいたい作品でもあります。

(必読!カクヨムで見つけたおすすめ5作品/文=柿崎 憲)

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

けれん味溢れるタイトルに惹かれて、面白半分に目を通したら、一瞬で精神を未来に飛ばされました。
おとぎ話をSFでなんてほとんど冗談かと思いましたが、考えてみればそもそもSFは未来を描いたおとぎ話だし、おとぎ話だって最初からSFなんです。

この物語群はSFでおとぎ話でときどき冗談で、思いの外感動巨編です。1人でも多くの人がこの作品に触れられますように。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 童話の世界は優しい世界、超自然の力が清く正しい主人公に幸福を与えてくれる、愛と正義の理想論。もちろんトランスヒューマンガンマ線バースト童話も、シンギュラリティの向こうに存在するテクノロジーの力が清く正しい主人公に幸福を与えてくれる優しい理想の世界だよ。未来って明るいね。

 そうして魔法と見分けがつかない科学に心を許してしまった文系の自分に最終話の衝撃。
 アリとキリギリスにそもそも魔法はありません。冬をナメてたら死ぬ。ガンマ線バーストもそう。
 でも、魔法がなくても信じたいでしょう、愛の勝利。
 未来のアリとキリギリスは二人で積み上げますよ。魔法とか魔法並のテクノロジーとかで大逆転じゃない、地道にコツコツ型。そして大事なのは、その積み上げたものを信じること。それで何だって乗り越えられる!軽々と不可能を超えて楽園を夢見る!美しい締めでした。

さんがに★で称えました