トランスヒューマンガンマ線バースト童話集

作者 sanpow

1154

409人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

タイトルの通り、トランスヒューマンとガンマ線バーストが出てくる童話集です。

自分はSFの類をほとんど読んできませんでした。
それでも魅力的なストーリー・テリングにぐいぐいと引き込まれ、あっと言う間に読了してしまいました。
誰もが知る童話を換骨奪胎、洒脱な切り口で語るその手腕に脱帽です。

愛と絆を光年の尺度で括った快作。
エゴと矛盾を優しく抱いた全ての知的生命体に読んでほしい怪作でもあります。オススメ!

★★★ Excellent!!!

――

タイトルを見ただけでは、いったい何を言っているかわからないかもしれませんが、実際こんな感じのお話です。
もうちょっと詳しく説明すると、SFの世界では古典や童話などの物語を、未来世界に外挿して、まったく別の物語にするという手法がありますが、本作はその最新型。「シンデレラ」や「かぐや姫」といった古今東西の昔話を最新のSF用語を使って大胆にアレンジしております。
たとえばシンデレラの冒頭はこんな感じ。
「名前はシンデレラといいました。正式に名乗ろうとすると公開暗号鍵やら契約知性アドレスやらで煩雑なのでここでは省略します。」

ごく当たり前のように説明抜きでSF用語を散りばめて話を進めていく、この人を食ったような語り口。
これだけだとSFに詳しくない人には敬遠されるかもしれませんが、本作の場合、ストーリー事態は大元の昔話をしっかり踏襲しているため、書いていることがよくわからなくても話には充分ついていけます。

その上でカボチャの馬車が謎の飛行体になっていたかと思えば、知性を持った竹が翁に向かってペチャクチャ喋りかけたりとSFならではの面白さもしっかり備えており、SFにあまり詳しくないという人にも是非読んでみてもらいたい作品でもあります。

(必読!カクヨムで見つけたおすすめ5作品/文=柿崎 憲)

★★★ Excellent!!!

――

けれん味溢れるタイトルに惹かれて、面白半分に目を通したら、一瞬で精神を未来に飛ばされました。
おとぎ話をSFでなんてほとんど冗談かと思いましたが、考えてみればそもそもSFは未来を描いたおとぎ話だし、おとぎ話だって最初からSFなんです。

この物語群はSFでおとぎ話でときどき冗談で、思いの外感動巨編です。1人でも多くの人がこの作品に触れられますように。

★★★ Excellent!!!

――

 童話の世界は優しい世界、超自然の力が清く正しい主人公に幸福を与えてくれる、愛と正義の理想論。もちろんトランスヒューマンガンマ線バースト童話も、シンギュラリティの向こうに存在するテクノロジーの力が清く正しい主人公に幸福を与えてくれる優しい理想の世界だよ。未来って明るいね。

 そうして魔法と見分けがつかない科学に心を許してしまった文系の自分に最終話の衝撃。
 アリとキリギリスにそもそも魔法はありません。冬をナメてたら死ぬ。ガンマ線バーストもそう。
 でも、魔法がなくても信じたいでしょう、愛の勝利。
 未来のアリとキリギリスは二人で積み上げますよ。魔法とか魔法並のテクノロジーとかで大逆転じゃない、地道にコツコツ型。そして大事なのは、その積み上げたものを信じること。それで何だって乗り越えられる!軽々と不可能を超えて楽園を夢見る!美しい締めでした。

★★★ Excellent!!!

――

意思と愛の物語。
これぞハッピーエンド。
SFになじみの無い人でも読める現代の御伽噺です。
言葉の使い方が素敵すぎる。
「モンティ・ホールころりん」なんてタイトル、そうそう思いつきませんよ!

★★★ Excellent!!!

――

これまでの物語を華麗に締めくくる壮大なお話です。
この童話郡のせいで多くの睡眠を犠牲にしてしまいました。一つ一つの物語ですらこれまで読んだ物語のなかでもトップクラスに斬新で熱中できるものでしたが最後の物語は別格のものです。
複雑かつ純粋なガンマ線バースト童話シリーズをひとりでも多くの人に読んでもらえたらと思います。

★★★ Excellent!!!

――

 落語には、三題噺というのがありまして、

 こう、お客さんにですな、

 適当な言葉を、みっつ、言ってもらうわけです。

 それを元にオチる話を組み立てて話すんですが、 これがまた難しい。
この小説のお題は、

『トランスヒューマン』

『ガンマ線バースト』

『童話』



 ……どんな話になるんでしょう?
 
 想像もつきませんね?

 気になりますか?

 じゃあ、読んでみましょう。

 『トランスヒューマンガンマ線バースト童話集』

 です。

★★★ Excellent!!!

――

タマタマ、すなわち珠玉(タマタマ)……
ゼロ年代SFの風味が感じられつつも、それぞれの童話本来の味わいも損ねることなく綴られた、驚嘆すべき作品群。
和の童話にはのどかさを、グリム童話には残酷さと狂気を。ペダンチックでありながら、それを完全に制御し表現方法とするSF的な技巧が光る。
技術の安心感だけでなく、その奥底に垣間見える著者さまのハッピーエンド観もまた心地よい。必読。

★★★ Excellent!!!

――

これはもうこれでこれですよ。産まれて初めてSFマガジンを手に取って、掲載されていた読み切り作品に心打たれたあの瞬間が脳内のメモリをフラッシュバックしていきました。これが21世紀の新しい童話。情報爆発を起こした2.0社会(死語)で私たちが迎え入れるべき本当の作品。今敏監督は直ちにこのページを開くべきだ。





(以下、本作の内容を含む)



タイトルにあるガンマ線バーストを中心として各章の物語は大きな転換を迎えます。種としての、基本的人体としての人類の終焉。これは滅びを乗り越えたトランスヒューマンの為の童話と云えるかもしれません。生に対する価値観の変化やそこに付随する葛藤は本作では既に過去のものとなり、どうやら自然生殖の時代は当に終わっているようです。

かつての童話に於いて怪異や魔法、妖精といった役割は稀人たちが担っていましたが、この新時代の童話に於いてはポストヒューマンたちが取って代わってしまいました。シンギュラリティの彼方に立つ「灰かぶり姫」の魔女がその代表ではないでしょうか(作中では多くを語られてはいませんが技術レベルの差異から見てまず間違いないでしょう)。彼らと対等に渡り合うのはかつての童話においての貴族、王子、姫。「竹取物語」の帝が演じる役目です。彼らは実質的に不死身であり、なればこそ死を私たちネイティブヒューマン以上に恐れているかのように振る舞います。「竹取物語」で語られた瀬戸内海消滅のエピソードは随分腑に落ちないものでしたが、この世界観の中では得心の行く事柄なのかもしれません。「竹取物語」では主人公の二人であるカグヤ、讃岐造は共に分岐体を持たない身ですので、読者である私たちにとってもすんなりと感情移入しやすい内容だったように思われます。

現在投稿されている三作はいずれも、狂言回しとしての主人公がネイティブヒューマンとしての私たちにとって感情移入しやす…続きを読む

★★★ Excellent!!!

――

童話パロディ、という形式を見掛けることは珍しくないけれど、ここまで完成された物語と世界観で、それでいながら元ネタの童話のキーの使い方がこうも秀逸な作品というのは、そうお目にかかれない。登場人物と一緒になってときには手に汗握り、ときには背中に鳥肌を立たせ、夢中になって読了。これぞエンターテイメントの真髄。

★★★ Excellent!!!

――

なんというか、SFファン的にはブルース・スターリング好きならぜひといえばよいのだろうか。
でも、スターリングはきっと書かない気がするおとぎ話パロディとハッピーエンド。
サイバーパンクおじさんは野暮なことを言いそうだけど、そういうのはどうでもよいのだ。だって、素晴らしくかっこいいんだもの。

いいもの読ませていただきました!

★★ Very Good!!

――

あくまで童話の形式を保ったまま、ガンマ線バーストを元ネタのストーリーに組み込みつつ、
あまりに現実と異なる世界観を当然のものとして語られる物語は濃密で面白いものでした。

この感覚は読んでみなければ分からないと思いますので、是非とも一度見てみてください。

★★★ Excellent!!!

――

童話パロの枠に収まらない物語。

これこそが現代のお伽話、夢も希望も絶望も、愛も。すべてが納まった玉手箱。

個人的には灰かぶりところりんがよかったです。あと竹取り。女性(?)のキャラクターたちに芯の強さがあって魅力的。至高はころりんのおばあさん。宮崎駿氏の描く老婆たちにも通じる、図太さと気高さ、そして思想が見えます。

楽しかった。それに尽きます。
完結お疲れ様でした。

★★★ Excellent!!!

――

おとぎ話の世界といえば魔女が杖をふるって願いを叶え、森の木々や動物は言葉を喋ってコミュニケーションし、そして終わりはめでたしめでたしハッピーエンド。

それは非科学の世界でしょうって? いいえ科学の力でできるんです、トランスヒューマンの時代にはね!

発達しすぎた科学は魔法と区別がつかないという有名すぎる言葉がありますが、この話の世界観はまさにそれ。
21世紀という途上の時代に生きるナチュラルヒューマンである我々にとっては少々イメージし難い世界観ではありますが、しかし誰もが慣れ親しんだ題材と滑稽な語り口の合わせ技にてとっつきやすくなっておりますので是非現代のうちに。

しかも科学なネタ優先の話というわけでもなく心を打つ展開がしっかりと盛り込まれているというのもまた童話というモノの真髄を受け継いでおり皆様の記憶領域に何かを残してくれること請け合い。

しかしこんな未来が現実にやってくるの何時になることなんでしょーねー。ガンマ線バーストより先にやってきてくれると助かるのですが。

★★★ Excellent!!!

――

シンデレラの物語を下敷きにしつつも舞台装置、物語構造、登場人物が巧にSF作品としてアップデートされた良質の短編です。
童話的世界観ながらしっかりとサイエンスフィクションしていて、またセンス・オブ・ワンダーが込められているこの作品のSF力の高さに敬意を!

個人的にはテッド・チャンやケン・リュウのような、中国系アメリカ人SF作家の空気を感じたことも見逃せませんね。

(※2016/5/18追記)まさかの続編ですね。点数を3点以上つけられないのが惜しいです。

★★★ Excellent!!!

――

一言で言うと、イーガン風シンデレラ。

長めに言うと、
この物語は目を引く未来的な用語を華麗にまき散らしつつ、展開していきます。目新しさや作者様の強力な描写力によって、読者を深く絡め取ります。


冷静に読み直してみれば、どの記述を取ってみてもイメージとしては悲惨そのもの。冒頭の主人公への加虐にしても、ラストの荒涼とした地上の風景まで。
しかし、その描写にウェットなところは全くない。
それどころか奇妙に明るい具体な語りがすばらしい。

この物語の「骨」は、
「不死を獲得した知性は、肉体から出られない知性とは別の発達を遂げ、旧世代ほど悲劇を悲劇としてとらえない。そこには人工知性に強化された楽園がある一方で同じくらいに強化された(継母に代表される)悪もある」
と言うことであろうかと思います。

この物語は一見してハッピーエンドに見えます。
しかし、肉体だけの存在だったシンデレラが「そうではないもの」に魔法使いの力で変貌を遂げることによってでしか、悲劇を超えられなかったこと、に読者としては一抹の悲しみを覚えます。もはや人間以上の存在の助けを得ることでしか人間的な悲劇は解消できないのだと。

深読みしすぎかも知れませんが、ただのおとぎ話として軽く読み捨ててしまうには、余りにもったいない。
これからも何度も読みに来ると思います。

いつかこの作者様の作品はどこかのレーベルで本格SFというかたちで、書店で目にすることがあるかも知れないと感じました。

★★ Very Good!!

――

SFに童話を取り入れているのだが、読んでいると童話の世界にSFが入ってきている気がする。
どっちの世界観も楽しめるフワフワとした語り口調で、読んでいる方が作者に踊らされている気分になる。
難しい単語の意味など分からなくていい。
ただ、フワフワと踊るように読んでほしい。

★★ Very Good!!

――

 人類は死なず、ただカッ飛びゆくのみ。しょもないところも変わらぬが、どっこい生きてる電子人。大災厄も何のその、ハッピーエンドに終わりなし♡! めでたしめでたし。

『ここまで見事に栄えてくれたら、私にはもう何も言うことはない(感涙)……てか私も混ざりたああい(羨望の号泣)!(笑)王女いませんか王女。ギャアアア!(←シールドをケチった個人電脳にEMP銃で直撃[笑] )』


 

★★★ Excellent!!!

――

ハードSF的な世界観を、さも当然のような語り口で見せながら展開される、超遠未来童話。タイトルが完全に偽りなしなのが凄い。
出てくるガジェットがどれもこれもガチSF! という感じなのだが、話の筋はちゃんと元の童話通りであり、同時に、この作品ならではの人物描写とストーリーを両立させているのも素晴らしい。
途中までは字面と文章の面白さで読み進んでいましたが、出てきた「魔女」があまりに魅力的なキャラクターで、そこで表面のネタ的面白さだけではない、物語としての本作の面白さに入り込めました。
「元の童話はああだったけど、この話ではどう表現されるんだろう?」と答え合わせするような気持ちで読み進んでいくのも楽しいですが、魔女さんのお話もまた読んでみたい気持ちにさせられました。