キャプテン・ドラゴン

作者 憑木影

豪華絢爛なイマジネーションの海に溺れる――傑作スペースオペラ!

  • ★★★ Excellent!!!

ひたすら格好いい作品である。
ちょっとE.Eスミスの世界を匂わせるような、どこか懐かしく、だけれども新しい――そんなイメージがちりばめられた、にぎやかで絢爛な未来の宇宙。ところ狭しと暴れまわるキャラクターやメカニックは、そのどれもがきわめて独創性にあふれた文章でつづられ、読み手の想像力を実に絶妙な距離感で刺激する…。

随所に惜しみなく投入されるアイデアの数々は、時に軽薄、時にきわめて重厚に綴られ、物語に彩りを添えるとともに、絶妙なリズムを生みだしている。まさに、文章表現によるシンフォニーの真髄を味わう事ができるだろう。

特筆すべきは序盤で描かれる、ヒロインの一人によるライブシーンだ。
あふれんばかりの発想力と、それを受け止め、かつ広げてゆく巧みな文章表現には驚くばかりである。本作屈指の名シーンと言っても差支えないだろう。
SFやファンタジーを愛する者ならば、「こういうのが読みたかった!」と思わず膝を打ってしまう事請け合いの快作である。ぜひ、ご一読を。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

あしゅら男色さんの他のおすすめレビュー 81