小説家デビューの法則

作者 土日 月

187

82人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

自分も割と気にする癖があるので、精神的にしんどい事が多々ありましたが、先生のエッセイを読んで気が楽になりました。

PVも気にしなくなってからの方が、
たまに見るとちょこちょこ上がっててビックリしました!(ホントに無欲最強なのか……

これからは、とにかく色んな新作を書いて書いて、書きまくりたいです!

★★★ Excellent!!!

受かるときは受かる。ダメなときは落選。出す前から手ごたえを感じなければ頼るのは運のみで……。
なに言ってんのかな? 受かると思わなければ出さなきゃいいのです。そうやってひっこめた作品山とありますが、公募に出したうちで入選したのはやはり、書いていてノリノリでした。そして出した後は「今度は長編書きたい。書くか……」みたいに考えてました。気になるときほど落ちている。運頼みだから。だけどわたくしは幸運を味方にのほほんと乗り切ります(絶賛スランプ中)

★★ Very Good!!

私は、作者さんと同じ思いだなと感じました。私も、小説を書いていますが、文才があるわけではなく、どちらかと言えば読む派なのです。だから、作者さんの気持ちに同感しました。
それと同時に私も、頑張って小説を書いて投稿して応募してみたりしようかなと思います。作者さんも頑張って小説を書いてください。

★★★ Excellent!!!

本当によく見る"その"コメント。まさかそういう法則があるとは(笑)確かに作者様の言うとおり気にしすぎるのは自分に自信がないからかもしれませんね。自分も気になって仕方がないタイプの人間でしたから、よく張り付いてます。けど逆に「残ってるから!!」という気持ちでこれからは発表の日だけ見ようかなと思います(笑)

Good!

逆の順番で読んだら違った感想だと思えたんだけど、「慎重勇者」の抱腹絶倒さをさんざん楽しんだ後でこれを読んでしまったので、すごい違和感を感じてしまった。
あの作品が面白く、読みやすいのは異論のない事実だと思う。それはあの評価の数が証明している。

つまり、この人の文章力はプロ作家として充分通用すると思う。
これは賭けてもいいが、黙っていても完結した暁にはこの作品には必ず出版のお呼びがかかるだろう。
カドカワが声を掛けなかった場合でも、この人を作家として迎えたいという出版社は必ず現われるはずだ。

つまるところ、あの外道勇者と同じで「心配しなくても貴方はもう作家になれるはずでよ」と思うのですが…

Good!

そういえばワタシも最近、、、
「もう別に受賞とかしなくてもいいんじゃネ?」
みたいに思考回路を変えてみたばかりです。
そうするとそういうことが全く気にならなくなり、
他の本来、将来的にやりたいと考えているコトに
気持ちがすっとシフトできた気がします。要は結果は結果、
そこを上手に切り替えて次へ進んでみることかもですね。

勿論一度立ち止まって振り返ることやリライトすることも大事ですが、
気持ち的にずっと悶々としていたのでは自分の活動自体停滞してしまいます。
失敗は成功の母じゃないけど、自分自身のワクワク感や、そもそも
どういうものを作りたかったのか?というその根本に立ち返って
新鮮な気持ちも新たに、ある意味こだわりを捨てることもアリかもしれません。
そうすると過去作品の問題点や直したらよい部分なども自然と見えてくるような?

★★★ Excellent!!!

受賞者のコメントでは恰好をつけているのかなと思わないでもないモノもありますが、たしかによく目にするコメントですよね。自分は、作品を応募した後は、もう次の作品へ気持ちが向くためにおこる現象だと思っています。
コンスタントに作品を書き続けることが作家への道であり、作家であり続けることの条件。作家を目指している方々、ファイトです!

★★★ Excellent!!!

 とはいえ、これに該当しない方、他にも法則はあるよ、と言う方も多いはず。
 個人的には『多少見栄張って、知らないフリしてた』という人もいるのでは、と邪推してみたり。
 なんにせよ、受賞した人には惜しみない賞賛を。そうじゃない人には労いと励ましを。

★★ Very Good!!

残念ながらその推測は外れています。

プロになるような書き手はそんな発想はいたしません。
(もちろん例外はいくらもいるでしょうが)

本当はもっとすごい理由があるからです。
実はたまたま某SNSでプロの作家さんとささやかな親交があるので
こういったことがらに関して教えていただいたのですが、
プロの凄さというのを毎回思い知らされます。

つまり、プロになれる人間となれない人間の
違いが出てくるれっきとした理由があるからです。

はっきりいって文字通り、”次元が違う”。

プロとアマとでは。

今度、カクヨムの創作論などでプロとアマの違いなどを含めて、
「なぜ新人賞に応募していたのを忘れていたのか」について
詳しく書かせていただきましょう。