ひとつの部屋

作者 澤村在昌

冒頭から奇妙な謎が散らばっている。

  • ★★ Very Good!!

ホラーはあまり読まないのですが、すんなりと頭に入ってきました。
箱の重量が増すことが余計に恐怖を際立たせ
「俺」は視界からその箱を消すことで安心してしまうなど、余計に問題を膨張させていて読み手の恐怖も膨らんでいました。
少ない文字数なのによく出来ていると思います!

ちなみにこれ「連載中」とありますが
続くのでしょうか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

E嬢さんの他のおすすめレビュー 109