名探偵への道

作者 桐華江漢

ライトなミステリーとしては一級品の世界観

  • ★★★ Excellent!!!

主人公の修也はアホだけど、世界観は一級品。

この世界観を上手く使えば名作が生まれる予感が漂っている。

現時点では学校などの簡単な設定、主要人物等の説明を終え、ようやく問題に取り組もうと覚悟を決めた段階。

最初の方で『トリック』に逆ギレしていた修也が、謎とどう向き合っていくのかがとても気になる。

面白い世界観を生み出した作者さんだからこそ、今後ギミックやガジェットをどういう風に活かして問題解決をしていくのかが楽しみな作品である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

舞砂花螺さんの他のおすすめレビュー 139