美味兎屋

作者 一式鍵

恐々と見つめる、その深遠なる闇の向うに――

  • ★★★ Excellent!!!

名著、玩具修理者を彷彿とさせる内容。
その恐怖描写は背筋粟立つものであり、まさにトワイライトな境界を挟んで彼岸と此岸を行ったり来たりする登場人物たちの魅力は計り知れない。
また、純粋に文学としても面白く、総じてハイレベルな作品である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

雪車町地蔵(そりまち じぞう)さんの他のおすすめレビュー 191