濡レ雑巾ノマス秤 第2話

 男は私を誘い入れようとしたが、こんな時間に見知らぬ男の家にホイホイ入るほど、私は判断の付かない大人ではない。


「いや、こんな夜中に」

「夜中だから何かあるのか」


 まさかの問いかけだ。私は答えに窮する。男は私の方へ一歩近付きつつ、淡々と言い募る。


「お前は夜中にここにいて人の家を覗いていた。俺はここでお前を見つけた。それは全て夜中に起きたことだ」


 変な男だ――率直な感想だ。


 私は結局、男の恫喝のような静かな迫力に押されるように、その立方体の中に入った。なぜか入ってしまっていた。


 その立方体の中は、外観で受けた印象よりも随分と広かった。思ったより奥行きがあったのかもしれない。しかし、置いてあるものはまさに混沌カオスだった。全く脈絡のない品々が、一切の脈絡もなく配置されている。一見するとアンティークショップのように見えたが、二秒もしないうちにコンビニのようにも見えてくる。かと思えば子ども用品売り場のようだし、掃除道具置き場であるようにも思えてくる。


「ここは何なんだ」


 当然のように私は問うた。男は間髪を入れずに応える。


哲学者ソフィストだな」


 一番奥のソファにどっかりと腰を下ろした男は、脚を組み、頬杖をつきながら私を見上げていた。私が座れそうな椅子はなかったし、男にもそんな気遣いはなさそうだった。これではまるで何かの裁判のようだ。


哲学者ソフィスト とか……意味が分からない。そもそもだ、ここは何の店なんだ」


 私の問いに、男は小さく首を傾げる。その芝居がかった動作に、私はイラついた。だが、この感情を表には出せなかった。


 男はおちょくるような口調で言った。


「店? 店か。――店かもしれんな」

「だから何の」

哲学者ソフィスト だな」


 ますますイライラする。この男は何をしたいのだ。何を言いたいのだ。私にはさっぱり理解できない。


 私は目についた品を指さした。


「例えばそこの不気味な顔無しのマネキンとか、あそこのモゾモゾしてる布きれとか」

「ああ、あれか」


 男は眼鏡の位置を直した。


「あれはお前たちだ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!