漸近シタ感想ニツイテ

幕間/漸近シタ感想ニツイテ

 という名の、得られないものを得られるものであるかのように、触れられないものをさも触れられるものであるかのように、研究する科学がある。そしてまた、如何にしてその理論を具象によって証明するのかを思考するのに延々と頭と腕を揺らし続ける研究者たちがいる。彼らは間違いなくエリートであり天才であり、哲学の狭間にこの世の理を見出だす賢者であり、同時に誰にも理解はされない孤独な人間たちでもある。彼らは何かに漸近しているのだ、間違いなく。


 その研究所で働く中で抱え込んだ不安と不満を糧に、私は日々を生き延びている。どんな天才の集まりでも、私のような凡人は不可欠なのだ。天才を天才で居続けさせているのは、私のような凡人たちなのだ。私たち凡人を凡人たらしめているのが、一層救いようのないであるのと同じように。


 悶々とした、しかし心底には変化を望まない繰り返しの中。そんなある日、私はそれを目撃する。いたぶられ、死にかけた何かをだ。


 私はそれを救い出して、逃げた。


 一体何から逃げているのか。私が今、何を握り締めているのかすら曖昧なままに。


 無計画に逃げ出した先で待っていたのは、白衣に眼鏡で横柄な、不思議な男だった。明確すぎて掴めない。現実と現実の非現実的な組み合わせによって生まれる不安感。渇いたグロテスク、サイケなシュールレアリズム。その男を形容するならば、たとえばそんな具合だった。


 そして逃げ出した私をかくまったのは、不安になるほどに立方体な建物だった。外観と容積がアンマッチな、完璧すぎて不安定な、簡単に蒸発しそうなコンクリート。窓やドアが整然とならび、それでいてもしかしたらちぐはぐかもしれない、自分の認識能力への不安を煽られる、そんな意味不明なオーダードカオス。


 私はその中で、ついにと接触する。


 しかしたぶん、私はその事実に気付いたりはしないだろう。少しずつ魚のようにわっていく彼らが、知らずにそうなっていくように。


 白衣の男のあのレンズごしの黒硝子のような目玉だけは、そんな私にも、やけに印象に残っている。そんなことを思いながら、私は今、真っ白な空間でくるくると横たわっている。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!