啾啾ト哭ク赤イ布 第3話

 待つこと一分、いや、十分。


 男の手の中には、赤い布の塊があった。ぴっちりと巻かれた白かった布が、赤く染まっていったのだ。申し訳程度に開いている穴からは黒い鼻のようなものが覗き、布の隙間からは、舌のようなものが何枚もはみ出ていた。


「さてこれでいい」

「これで……って布を巻きなおしただけじゃないですか」

「問題があるか?」


 男は私にそれをさっと手渡すと、奥のソファにどっかりと腰をおろした。一仕事終わったといわんばかりのくつろぎようだ。


「布を巻いたし、飛び出していたものは元に戻した。そのうちそれは鳴くぞ」


 男がそう言った途端に、私の手の中のそれがと鳴いた。


 それの元の形は確かにと鳴いて然るべきものだったかもしれない。


 しかし、私の手の中にある、真っ赤な布の奥のモノがと鳴くのはあまりに奇怪だ。


 赤い布の奥で、かつて飛び出していた綺麗な青いものがひしゃげていた。


 私は息を吐けない。目を逸らすこともできない。


 その青いゼリーのような球体はひしゃげながら、ぐんにゃりと私を写していた。私のシルエットは影になって、その中で黒々と脈絡なく曲がっている。布越しでもそれがわかった。瞬きができない。まるで度の合わない眼鏡をかけて金魚鉢の中の水草を眺めているかのように、その濁った青い目のようなものに写りこむもの全てが歪んでいた。


 それがもう一度と鳴く。その声は長く残り、私の関節という関節に刺さり込んだ。


「どうした?」


 男の疑問文は語尾が下がっている。


「お前が助けたいと思ったモノだぞ、それは」


 男は頬杖を付いて、口の端を吊り上げて私を見ている。眼鏡の奥の眼光が刺身包丁のように鋭かった。


 思えば何もかもが奇怪だ。さっき外で私を追いかけてきていた声はすぐ後ろで聞こえたのに、姿はなかった。私がこのモノを拾ったのは、誰も居ない道端だ。そういえば、この建物はこんなところにあっただろうか。この部屋は、建物の割には広すぎた。そしてどういうわけか、この男は、私のココロを読んでいる。


 私は何もわからない。


 目の前には啾啾シュウシュウと音を立てる布がいる。男の考えていることも、この布の奥にあるもののことも、私がどこでそれを拾ってきたのかも、あのイビツな連中のその姿も、確かに目にしているはずなのに、何も思い出せない。


 極端に度の合わない眼鏡をかけて見てきた風景を、一所懸命に説明しようとしたって、そこに見えるのは漠然とした色の配置だけだ――今の私は、まさにその状態だった。


 男は私をじっと見ていたが、前触れも無く退屈そうな表情をして訊いてきた。


「それは何と鳴いた? ん?」


 今度は語尾が気持ち上がっている。


「何とって……鳴いたでしょう、って」


 聞こえなかったはずは無い。しかし、男は大袈裟に肩を竦めるだけだ。私は腹が立った。男は眼鏡の位置を直しながら、抑揚のない声で確認してくる。


「本当に、そいつはと鳴いたのか。それが、とでも」

「だってほら、元々この子は」


 、と手の中の赤いモノが鳴いた。


 、と鳴いた。もう一度鳴いた。確かに鳴いた。


「それはと鳴くのか」

「いや、と鳴いた」


 私はほうけてそう答えた。それは確かにと鳴いていた。そう鳴いていたのだ。


 しかし、今はと鳴いている。そしてもう一度それは鳴いた。


と鳴いた……」


 は共存しない。ヒトツの固体からは出てこない二種類の音だ。


「それはと鳴いたのか。今度はだと言うのだな」


 男が言い、私は頷こうとした。


 その時、それはと鳴いた。それはそれは流暢なほーほけきょである。


 私は悲鳴を上げてそれを落とした。音もなく落着したそれは、埃のうっすらと積もった床でのたくった。私は腰を抜かす。視点が下がり、床の埃がつぶさに見えた。中折れブリッジのような体勢の私に向かって、それがと鳴きながら這い寄ってくる。


 私は尻を引き摺りながら後退したが、背中が書棚に当たってしまった。もうこれ以上は無理だ。さがれない。じわりとした埃が雪のように肩に積もった。埃の溶け込んだ部屋の空気が、目障りに輝く。


 それはと鳴きながら、カサリカサリと床を這う。頭の中が赤と黒と閃光に塗りつぶされる。未だかつてこんな不気味な経験をしたことはない。は遂に私に到達し、私の腹に飛び乗った。重さのないそれは、そしてそのまま私の顔にまで至る。……


「ふむ。その辺でいいだろう」


 私の顔に今まさに黒く湿った鼻をつけようとしているそれを、男はひょいと取り上げた。鉄の臭いが私の顔の辺りにじんわりと広がっていく。意思とはまったく無関係にこみ上げる嘔吐の前兆に、私は口元を抑える。赤い布は男に摘み上げられながら、私の方を歪んだ瞳でじぃっと見ている。


「そ、それはなんなんだよ! そんなんじゃなかった、それはそんなんじゃなかった」

「じゃぁ、というんだ」


 男はその赤いモノを掌の上に乗せている。それはおとなしくそこに座っていた。


「そんなんじゃないとは言うが、これは多分ずっと以前からこんなものだった」


 男は言ったが、私はもう一度、無駄とは思いながら訊いた。


「それはなんなんだ」


 男は眼鏡のレンズを埃っぽく光らせながら、口を絵に描いたようなというカタチにした。


「そうだな」


 男はその赤いモノの顔の端を少し摘み上げながら、それを観察した。そして、その『顔』を私に向けた。


「お前じゃないのか? 強いて言えば」


 赤い布がほどけた。


 私の視界が赤い布に覆われて消えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!