だっているかもしれないじゃん?

作者 坂神慶蔵

148

60人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

ツンデレたるもの、簡単にデレてはならない。
ツンデレ愛好家には、独自の哲学を持った方が多いですよね。
この主人公も、まさにハイエンドツンデレニスト。
私の中の『成人したら酒を酌み交わしつつツンデレ議論したい奴グランプリ』最優秀賞受賞者です。
短いので、さっと読めるところも魅力ですね。
さて、主人公の苦悩の果てにあるものやいかに……。

★★★ Excellent!!!

出て来るキャラの濃さと言葉選びのセンスのギャップに心惹かれました。
一般人なら引いてしまうオタク。それでも突き詰めて極めてしまえばかっこいい。
PVの使い方が素敵でドラマを観ているようでした。

ありふれた題材なのに言葉の並べ方でこんなにも変わるんだと感じた作品。


自分もオタクに足どころか全身浸かっている人間なのでナオキの気持ちが手に取るようにわかりました(笑)

★★★ Excellent!!!

主人公の展開する圧倒的なまでのツンデレ愛とツンデレ理論。
普通の女の子ならそこで一気にドン引きするところですが、ヒロインはなんとか反論を試みる。
その純粋でまっすぐな思いが同じ女性として可愛らしくて応援したくなります。

二人のやりとりと並行するアニメのツンデレキャラの台詞も良い演出。
言葉の使い方や表現力も卓越していて、ショートストーリーの妙を存分に楽しめる作品でした。

★★★ Excellent!!!

オタク男子と、ではないと推測される女子とのお話ですが、なんと微に入り細を穿つお話なんでしょう。
PVに流れる女の子が、これまた妙に上手く絡んできて物語を盛り立ててくれます。

オタク男子の妙に説得力のある言葉に「そんな考えなのね〜」と思わず納得。
ツンデレって需要があるのだわねと、これまた納得。

リアリティあふれる物語に、新しい世界を発見できました。
フツー女子、頑張れ! とエールを送ります。

★★ Very Good!!

ラブコメもの。

ツンデレ。それは多くの人を幸せな気持ちにする魅惑の言葉です。そしてそのツンデレを愛してやまない男の物語。好きなものを愛するが故に盲目的になってしまうところは、恐らく多くの方が共感できるポイントではないでしょうか。私も○○(ちょっとここでは言えないかな)が好き過ぎて視野が狭くなってしまうことがしばしば。ツンデレに限らず何か特別なものを抱いている方は、この作品ハマると思います。

画面の向こうのツンデレ美少女が妙にリアルとリンクしていたり、ヒロインが健気で可愛かったりと、魅力的な作品です。読んでみてください。

ラスト……そういう終わり方ですか!? う、うん。その後が気になります。

★★★ Excellent!!!

減少の一途を辿るツンデレ。それに伴いツンデレを愛する猛者達も影を潜める時代になった。
それが良い事なのか、悪い事なのか誰も知る由もない。
ただ、一つ言える事はこの主人公と作者はツンデレを愛しているという事。

馬がディープインパクトとしたら騎手は武豊。
ショートが井端だとしたらセカンドは荒木。
もう、この作者はツンデレと切っても切れない関係なんだ。

また、視線や音の書き方も上手く話にとても臨場感が出てドラマチック。
こういう描き方もあるんだなぁ。と感心した。

人それぞれツンデレについて持論はある。
ツンデレについて好きでも嫌いでもどちらでも良い。
まず、そうだな。
手始めに自分の身近な人とツンデレについて熱く語ってみよう。今よりもずっと深い関係性になれるはずだ。
相手が女性ならあわよくばオッパイくらいは舐めさせてくれる。
ぜひ、この作品を読んだ方には挑戦して貰いたい。

因みに私はメンヘラを拗らせているので、もう、普通の女性は愛せないんだ。

★★★ Excellent!!!

読んだとき「うわぁぁぁぁ!やられたぁぁぁ!こんなのオレ様も書きたかったのにぃぃぃ!」と地団駄踏んでしまった。
構成や演出が非常に効果的で、ああこの人書くの上手だなぁ…と思いました。

でも、あそこで終わり!?
…いや、あそこで終わっているから余韻が素晴らしいんだけどさ。でもーでもーああああ気になるぅぅ

続き書いてくれないかなぁ…(チラッチラッ)


レビューがもはやただの愚痴ですが(笑)、読んでてココロが甘酸っぱくなる良い作品です。オススメです。

★★ Very Good!!

高嶺の花。そう感じてしまうからこそ、ツンデレは受けがいいのかもしれないですね。
ツンデレの起源は男キャラの方が多いと思ったのは私だけでしょうか?
例えば、不登校気味の不良が雨の中、捨て犬を見つけ「お前も一人か……」と言い優しくする。
或いは、「俺に負けるまで、絶対に他の奴に負けるなよ!」というのもツンデレかもしれないです。

中々にツンデレは奥が深いですね!

★★ Very Good!!

ツンデレをこよなく愛するオタクな主人公。
彼の持つ三次元の綺麗な女性への疑いはちょっと極端。
でも、なぜか共感できてしまう不思議。
確かに急に綺麗な人に言い寄られたら怪しいかもですね……
それはさておいて、本当の幸せは意外なところに転がっているモノです。
彼は果たしてこの後幸せに気付けるのでしょうか?
二話で完結してしまっていますが、この後も物語を続けていけそう。
つい、ナオキとエリカの今後を想像してしまいます。

★★★ Excellent!!!

読みやすい文章に乗せられて、悶えながらたどり着いたラスト。
作者さんはとんでもないところで話をたたみました。
もちろん、批判しているわけではありません。
しかし……。
あああああっ!
気になるっ!!
このあとどうなったかがすごく気になる作品です。
だっているかもしれないし、いないかもしれないのだから。
でも、いたらいいなぁと思います。

短くてすらすらと読めるので、悶えたいときにどうぞ。

★★★ Excellent!!!

 お見事。

 背景のPVから流れるツンデレ台詞と、キャラクター間のやり取りがマッチして二層構造で展開されていますね。

 いやいや、冷静な分析が卑屈すぎんよ……目の前の女の子をね、ちゃんと見ましょうよ! とアドバイスしたくなる。

 けれど、余韻はとてもいい。
 その先は、きっと。

★★ Very Good!!

 突き抜けてるから格好良ささえ感じるが、ようはツンデレを力説しているだけなのだ。

 だが、そこが良い!

 表現のうまさと掛け合いの甘酸っぱさが、見事にウザさを面白さへと昇華しています。

 そして、後半は……

 きっとレビュータイトルみたいな気持ちになるはずです。
 爆ぜろ!(笑)

★★ Very Good!!

ツンデレな主人公のお話が大好きな私には、とても楽しめ、かつ今後お話を書く上でも大変参考になるツボ満載でした。
特に後半部はニマニマしながら堪能させていただきました。
二話の短編ですが、もう少し長いものも是非読んでみたいと思います。いつかアップして下さったら嬉しいです。

★★★ Excellent!!!

主人公は1人のちょっと理屈っぽいオタク系の男子と1人の女子。この2人の間を取りなすように流れる、二次元からの声。
少し甘酸っぱくも絶妙に絡み合う2つの流れに引き込まれ、そしてクライマックスでの爽快感をたっぷり味わえる、そんな素晴らしい恋愛作品です。

★★ Very Good!!

ナオキとエリカ。

ふたりの関係がいいですね~。
本音とか建前とか、ツンとかデレとか
いろいろな感情が混じっていて
しかも、複雑に交錯していて。

短いストーリーですが、いろんな側面があり
いろんな読み方ができます。
男性と女性でも異なるでしょうね。

ふたりの背景で流れるアニメと
現実とをシンクロさせる構成もお見事でした。

★★ Very Good!!

可愛い女の子という存在は、本当に、不条理だと思う。
すぐ近くにいるのに、ずっとずっと遠くに感じることがあるし、かと思えばこんな近くに来るわけがないというところまで、平気でふらっと訪れてみせる。本当に不条理だ。理解できない。まるで宇宙人のようですらある。

ところで恋愛において、「どうせ僕なんか君」や「どうせ私なんかちゃん」が心の支配者となる人は少なくない。期待をするから裏切られるのだ、という信念に基づいて、観測されないものは存在しないと言わんばかりに、周りのことが見えなくなっている人というのは確かにいると思う。

でも、そこに人が存在しなくても宇宙は宇宙として存在するように、認識の有無に関わらず幸せの蒼い鳥が存在している可能性もある。その可能性を否定しないで、という蒼い鳥の声は実に健気ではないか。

本当は、みんな信じたいのだ。
宇宙人の存在を。蒼い鳥の存在を。
夢でも、妄想でもなく、現実として。

この作品は、そんな私たちに向けられた希望の物語。
そして、胸を甘酸っぱい気持ちで満たす不条理な物語。

★★ Very Good!!

ツンデレ人気について、ここまで深い理由があったのかとびっくりしました。

ツンデレについて持論を展開し力説しながらも、自分を卑下する主人公。
きっちりと理論を並べて相手を理解させようとするも、ある一言で簡単にその牙城が崩れようとする瞬間、思わずにやけてしまうこと必至です☆

短いですが楽しい作品でした!

★★ Very Good!!

オタクと自覚し、自分を否定する男の子。そんな自分を好きになる女などいない、自分に近付く女は信用しない。

そんな彼が女の子と買い物・・・・。
殴りて~。

女の子が必死で説得する姿・・・・。
応援したい。

そんな二人のやり取りが楽しめました。

ただ、二人をまとめて表現するなら・・・・


リア充が出たぞ~~!!(丿 ̄ο ̄)丿