蛆父

 饐えたにおいのする薄暗い路地の奥のさらにその奥に電話で聞いた通りの古いビルがあった。

 扉のない入り口から腐敗臭が漂っている。一瞬躊躇したが入ってすぐの階段を指示された二階に上がった。

 言われた通り、黒いドアをノックする。返事を待たずドアを開けるとむっとする臭いが流れ出て来た。

 窓のない部屋には照明も点いておらず、深く濃い闇が沈殿している。

 その黒い澱の中から染み出るように小柄な男が現れた。影のような真っ黒い姿は目鼻立ちも判別できない。

 顔がないのかもしれないと思ったとたん、背中全体を虫が這うような感覚に襲われた。

「依頼を承りましょうか」

 ぎしぎしとした声で黒い男は言った。

 殺してほしい人物の名を告げ、前金を渡す。残りの金は依頼が成立した後に振り込むことになっている。

 振込先をプリントされたカードを受け取り、小さく頭を下げて踵を返し、ビルを後にした。

 大通りに出てから深呼吸する。排気ガスが新鮮な空気のように感じた。

 しかし後金は振り込みだなんて今まで踏み倒されたことはないのだろうか。そんなことを頭の隅で考えながら家路へと急いだ。


 しばらくの間、何事もなく日々が過ぎた。

 依頼は本当に実行されるのかと奴の後金の集金方法より自分の前金を心配し始めた頃、夜中に横で眠っている妻の枕元、言わばターゲットの枕元に何かの立つ気配を感じた。

 寝返りをうつ振りをして薄目を開ける。常夜灯に浮かぶ黒い影――あの男のようだ。

 妻の上に細かな何かを大量に注ぎ始めた。ざああと米の流れるような音がする。

 その一つが跳ねて自分の枕元に落ちた。

 蠢く蛆虫だった。

「ひっ」

 思わず声を上げ、飛び起きた。

「おやおや見てしまったのですか。これは私の子供たちです。かわいいでしょう。それだけではなくとても優秀なのですよ」

 妻は大量の蛆虫に集られ、声を立てることもなくすでに一部が骨と化していた。

「ね、優秀でしょう。血を一滴も残さず、骨まですべて食べてしまいます。だからご安心ください。証拠は何一つ残りませんから」

 すでに外側も中身も食い尽くされ、妻は一片の肉もない骸骨になり果て、それに寄り集まった蛆虫たちの骨のかじる音だけが聞こえてくる。

 こりこりこりこりこりこりこりこりこりこり

 耳から入り込んでくる音が脳にまとわりつく。

 叫びたいのを堪え耳を塞ごうとしたその瞬間、

「では、後金の振り込みよろしくお願いしますよ」

 と言う声が聞こえ、ぶぶっという羽音を立てて男は闇に溶けた。


 カーテンの隙間から注がれる朝の光で目が覚めた。

 隣には誰もおらず、あれが夢ではなかったと確信する。蛆虫たちも消え、男が言ったとおり何の痕跡もなかった。

 いや、蛆が一匹だけ枕元を這っていた。

 決して安くない後金をその日のうちに振り込んだのは言うまでもない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます