The video game with no name

作者 赤野工作

『レビュー』の『レビュー』という『レビュー』

  • ★★★ Excellent!!!

 本作の大きな特徴と言えば、レビュー形式で展開されていくことだろうか。全盛の時代には、群雄割拠で点在していたゲームやマンガ、アニメなどのレビューブログ。『The video game with no name』は、そんなかつての匂いを残しながら、架空のゲームについて多種に渡って書き綴られていく。

 しかし、そこだけ切り取ると「いや、ただのレビューの何が面白いのか」と疑問に思う方もいるかもしれない。カクヨムというのは小説投稿のサイトだ。そんなサイトにレビューなどはいらないと辛口コメントを残したくなる気持ちは一旦押さえて是非本文を見てもらえれば幸いだ。


 なんと今作『The video game with no name』は、すべて『未来』のゲームについてレビュー投稿されている。しかも異世界転生や異能が学園で戦うバトルものの世界観とは異なる、我々が生きているこの現実が進むことで訪れるであろう『未来』に発売されたゲーム。

 この『未来』の、という言葉が付随するだけで架空のゲームレビューがSFの世界観に早変わりし、商品について語る文章が物語性を持ち出すのだから面白い。加えて作者の描写や細やかな設定によってレビューの嘘が本物だと錯覚してしまうくらい精巧に作られているため、架空のレビューという視点だけでも十二分に楽しめるのが二段構えで素晴らしい。

 当作品はゲームの発売日によって語られる時間軸が前後する。つまり、時間軸の破綻が少しでもあれば読者は矛盾を感じて気持ちが萎えてしまうところを作者は完璧に書き振る舞い、なんなら別のレビューで出て来た作品をほかのレビューで出すなど仕掛けも上手く設置されており、深く読めば読むほど知的な好奇心はみたされていくことだろう。

 なにより、この作品がただのレビューではなく物語として機能しているのは、レビュー投稿者自身の近況についても触れられる点である。その描写が、なんともSF的でもあり、切なさも含まれているようであり、好きな人にはたまらない場面となるに違いない。

 あとは単純に物量があり読みごたえという部分でも申し分ない。がっつり行きたい気分の時は半日以上かけて読むつもりで進めるのもおすすめである。


 私もそういえば、痕跡症候群というサイトを学生時代によく巡回していたことを思い出し(こちらはレビューというよりは漫画系のニュース記事をまとめたサイトだったが)、当作品を読み終わった流れで久しぶりに覗いてみた。

 サイトの最新記事には「更新終了とさせて頂きます」という言葉。ネットに転がる遺跡たちは更新を終え、過去を懐かしむ者たちへのアルバムのような形で電脳上に漂い続ける。

 そんな過去と現代をつなぐレビューサイトに『未来』というガジェットが付随すれば、未来の中に懐かしさを感じるような不思議な憧憬が浮かびあがってくる。
 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

横林大々(コント)さんの他のおすすめレビュー 8