青空の卵

 せっかくなので、人が死なないミステリーをもう一つ。

坂木司著『青空の卵』です。


 本編の主要人物は二人。営業職の男性と、引きこもりでありながらもネットで稼いでいる青年。

彼らの周りで起きる日常ミステリー。

 外に出たがらない引きこもりと、外の世界を繋ぐために男性は、いろんな不思議をもってきます。

この二人のやりとりが、とても純粋で、互いのことを考えているということが分かります。友情を超えた、愛情に近いほどの思いやり。


 みなさんも、ミステリーだけでなく、人の純粋さや人を思いやる心を本作を通して見てみませんか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます