ランチのアッコちゃん

今回は、心にビタミンをくれる小説を紹介しましょう。

宮木あや子著『ランチのアッコちゃん』です。



主人公の未智子は、大人しくて真面目なOLさん。食べることが大好きで、いつもお弁当を持参しています。彼女は上司である黒川敦子さん(通称アッコさん)がちょっと苦手です。

何でも自分で決めちゃうし、大柄なために威圧感があるのです。

「あなたのお弁当いつも美味しそうね。私のランチとあなたのお弁当を交換しましょう」

ある日、未智子はアッコさんに、そう持ちかけられます。最初は渋った彼女でしたが、アッコさんは強引に、未智子にお金とお店の地図を渡してしまいます。


その日から、5日間の、アッコさんと未智子のお弁当交換が始まります。

アッコさんに勧められた店で未智子は、アッコさんの意外な一面だけでなく、いろんな職業や考え方の人と出会うことができます。

ランチを通して、仕事のトラブルを解決する糸口を掴んでいく未智子。


性格も見た目も全然違うアッコさんと未智子には、このあとどんな人生が待っているのでしょうか。そして、アッコさんが、未智子にランチ交換を持ち掛けた理由とは?


働く女性に是非読んでほしいビタミンです。


他にも『3時のアッコちゃん』や『幹事のアッコちゃん』もあります!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます