暗黒女子

 表紙はちょっと怖いけど、なぜか女子高生に人気の単行本が、秋吉理香子著『暗黒女子』です。


 ライン漫画にもなっているとかで、原作人気になってました。


 舞台は女子高の文芸部。カリスマ的存在の部長が、屋上から転落事故をおこして亡くなってしまいます。部員たちは悲しみ、追悼の意味も込めて、彼女に宛てた作品をそれぞれ書くことにしたのです。


 それはお互いに、遠回しに犯人扱いするような作品になっていたのでした。自分と彼女、そしてその関係を壊す存在を小説仕立てにして描いているのです。


 さて、彼女は本当に事故死だったのでしょうか。それとも…。


 この作品の作者さんはどんでん返しが上手いなと思います。

 ミステリー好きで、最後の最後にどんでん返しがくるのがいい!という方

おすすめです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます