ちょっと、未来

 久しぶりにカクヨムで読みためたものを紹介します。

埴輪著『ちょっと、未来』です。


 題名の通り近未来が舞台のSFだそうです。500と少しの字数でよくぞここまでと思える作品でした。



 政府の政策で、一億円を貰えることになった主人公。彼の、一億円の使いみちとは一体!?

 アホな政府が経済対策とかいって、本当にやってしまいそうな政策ですよね。今も似たようなことはしてますし。本当に、ちょっと未来だなって思いました。


 こんなに短いのに起承転結がしっかりしていて、ちゃんとオチもあります。


 ちょっとした空き時間に読める作品ではないでしょうか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます