カクヨム日記・読書日記(近過去の文学史)

作者 tsutsumi

作者の深い洞察力を感じさせる作品。

  • ★★★ Excellent!!!

 『作家の値打ち』に関しては自分は発売当時本屋で立ち読みをしたことをおぼえています。
 確かに石原慎太郎の作品の点数はやけに高いな、と当時思った記憶があります。
 その理由についてですが、そういうことだったんですかね…。(私は石原慎太郎の代表作を全く読んだことがないのでここでそのことをあれこれ言う資格はないとは思いますが…)
 もっとも作家に点数などをつけてしまえば、人によっては高くなったり低くなったりするということは十分にありえる話だと思うので、福田氏の意見を全部鵜呑みにする必要などないとは私も思います。

 ジャンル分けについてはやはり基本的にはきっちりとこの作品はこのジャンル、と明確に区別するのは難しいように感じます。
 そのためいわば次善の策として作者にそれぞれ自分の作品のジャンルを選んでもらうほかないように思います。

 最後にこの評論・エッセイとりあえず自分が今まで『カクヨム』で見た中ではトップ5くらいには入るものかな、と思いました。
 読み応えがあり一気に読ませていただきました!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

七柱雄一さんの他のおすすめレビュー 506