高度に発達したVRMMOは現実と区別がつかない

作者 土日 月

509

191人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

第一部完という態でこのまま完結が尤も優れているのにも関わらず続きが読みたくなるずるい構成。

そもそもMMOなのにこのストーリー展開は破綻してるよな、なんて野暮は抜きにしても設定自体が粗い。筆者の言いたい熱い台詞は全部片付いてるみたいだしこのままであって欲しい。

★★★ Excellent!!!

ふざけているのかと思えば真面目で。
真面目になったかと思えばふざけていて。
気持ちよく感情をコロコロとひっくり返されました。
とにかく面白い!
声に出して笑えないところでは、マスク着用で読むことをおススメします。

★★★ Excellent!!!

 人間の本質はピンチに立たされた時にこそ発揮される。それを如実に体現しています。
 これでもかという鬱展開にもかかわらず読み進められるのは、主人公の『死中に活を求める』を地で行くプレイスタイル。
 世界観は真っ黒でも、某名作のように『人間不信になり人間的に一回り成長することうけあいだ!!』となるのか、それとも……。

 今後の(レオナさんの動向も含めて)目が離せない!!

★★★ Excellent!!!

内容的には俺TUEEEEで爽快感のある話ではなく、むしろ主人公に一定の負荷がかかり続ける物語進行なのですが、ユーモアのタイミングと割合が優れているために、不思議と気持ちよく読み進めることができます。
先を気にさせるような要素も沢山あるのにも関わらず読者を置いてきぼりにしないというさじ加減の上手さ。
ここ最近ずっと更新を楽しみにしてる作品です。

★★★ Excellent!!!

タイトルを見た瞬間、ありきたりだと思った方はいませんか?
ご安心ください。
中身は一品モノの優れもの。
最低なゲームを舞台にして、惰弱な主人公が酷い目にあうお話ですが、設定が絶妙です。
あまり詳しく書くとネタバレですが。

何事にも限度があるということを考えさせてくれる作品です。
人生は取り返しがつかないし、理不尽と不合理の集大成だと教えてくれました。

まだまだ序盤ですが、世界観のぶっ飛び具合がクセになります。

ぜひ、御一読ください。

★★ Very Good!!

まず、作者様がゲームにかなりお詳しい様で、わかりやすく、こういった書き方凄い…!と、脱帽です。勢いもあり、読み応えがあります。欲しかったゲームがなかなか買えなかった時のお店巡りともどかしさの経験もありまして、こういった店員さんは嫌だ!楽しく読めます。

★★★ Excellent!!!

現実の世界とバーチャルゲームの世界を行ったり来たり、区別が付かなくなるSFのような物語でした。すべてはゲームショップの店員にクソゲーをひょんな拍子で(色仕掛け?)買わされた事からぶっ飛んだ世界に巻き込まれます。迫力ある展開ながらコメディタッチで描かれていて面白かったです。

追記
最後まで読了致しました。オススメですペペぺぺぺぺペペロンチーノ!

★★★ Excellent!!!

だめだ…

おもしろすぎーーーる!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やっと、モンスターと思ったら・・・。
ギャグが加速した!!笑いました♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
完結済みだと思ったら・・・連載ものだった。
途上人物がほぼ殺人鬼。

そして、称・・・システム。
ハイスピードギャグものという感じですね。

人生などが生ぬるい、無理ゲ―の世界へようこそ♪

★★★ Excellent!!!

海外製のオープンワールドRPGだと、実際に「主人公が比較的ゲームスタート直後から、いきなり町中でNPCを斬り殺して犯罪者扱いされた挙句、牢屋へ投獄される」というような展開は、案外プレイしようとすれば実行可能なシステムだったりするんですよね。
さすがに痛覚その他の生理現象とか、現実のプレイヤーの身体能力まで反映されるようなゲームが作られることはないと思いますが、私は海外ゲームがけっこう好きなこともあって、この徹底的にリアルなRPGという設定が非常にツボでした。

で、リアル志向なゲームって、自由度の高さが一周回ってむしろギャグにしか思えないようなことが本当にあると思うんですが、この作品はそういった部分を未来のVRゲームという題材でメチャクチャに先鋭化し、見事なコメディへ昇華させています。
はー、笑った笑った。

★★★ Excellent!!!

極めに極め尽くした現実感をモットーとした一本のVRゲーム。
冒頭からその恐るべき機構の一端を垣間見ることになるのですが、
いやぁ、コレはもはや疑似体験というより維持体験でしょ! 終始笑いが止まりませんでした。

手に入れる経緯。脈絡もなく進行しちゃう導入。没入するというより強制的な没入を強いられるシステム。
ありとあらゆる要素が笑いに収束するといっても過言ではありません。
キャー普段は冴えない男子高校生である主人公様が覚醒して強敵をやっつけたわステキ結婚してーなどと言い寄られる安易な展開なんて億尾も見せません。
主人公の功績すらすべて笑い所に取って代わってしまう素敵ワールドです。言うなれば――

自分では絶対にプレイしたくないけど、
他人が四苦八苦する反応を見せて初めて成立するクソゲーのプレイを眺めるような愉悦。
主人公という敏腕ツッコミ師がいてこのゲームは初めてゲームで足りえるのだと認識しました。

メタ視点ならではの擬似的没入を味わう新感覚ノベルを、
皆さんも是非楽しみましょう! ではまた、本日もお疲れ様です。

★★★ Excellent!!!

今まで読んだVRMMOモノで最も理不尽で、最もエッジが効いてる。
序盤の親友とのアレから痛そうだわ、リアル?に憎悪溜められていくわ、果物ナイフはマジ凶器て狂気。
やり直し不可なこのゲーム、この先どうなるのか目が離せない。
面白かった。(そしてこれからも期待)

レオナさんいいね。

★★ Very Good!!

作中でも言われている通りに、『リアル過ぎるゲームは面白くない』というのが共通意識の中、この作品では逆に『究極にリアルなRPG』という題材に挑戦しています。
リアルを追及するММОに足を踏み入れてしまい、そこで巻き起こる事態に次々さいなまれる姿は疾走感がありました。
しかしコミカルで読みやすい文体ながら、起きているのは割とのっぴきならない出来事なので、その辺の温度差は感じました。「はたしてこれはギャグとして笑って良いのか?」と少し困惑しました。
VRММОモノとしては王道に見えて変化球とも思えて、ともかくリアルを追及するゲームを高校生がプレイしてしまうとどうなってしまうのか、という今後の展開が気になります。

★★ Very Good!!

徐々に明かされていくキワクエの世界。
何より斬新だったのは、ゲームで強くなりたきゃ現実で身体を鍛えろというトンデモ仕様。
もはやゲームである意味とは!?
導入部が堅めだったぶんだけゲーム内で起こる珍事のたびに笑わされます。こんなことになるなんて欠片も想像してなかったよ!
その斬新さと十年も続いていたマイナーゲーがどんな世界になっているのかなど、今後が気になる作品です。