父となって

作者 流川陽路

52

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

こら作者!!
なんてことをするんですかっ!!

と罵ってやりたいです。
くそー。くそー。くそー。
やられた。やられた。やられた。

……みたいなレビューがつくと、
作者はニヤニヤできると思います(笑)

読者は、「してやられた感」に
のたうちまわるわけですが。
さあみなさん、読んでください!

Good!

構成の良い物語です。

私は書き手として他人の作品を楽しむときと、ただの読者として楽しむときとがあります。

書き手として評価するであれば、評価はもう1ランク上でした。

読み手としては……恐縮ですが、読後感のために、眉間に大変深いシワが寄りました。やっていいことと、悪いことが。(このレビュー自体が『やって悪いこと』に該当する場合は、大変恐縮ですが消去お願いいたします。判断に自信がありません)
 
読んだ人が、どの登場人物に感情を重ねるか。それ次第だったのでしょうね。

書き手としての私ならば、物語構成を評価し、登場人物に感情を重ねず評価していたかもしれません。

★★ Very Good!!

当たり前といえば当たり前のこと、皆が経験していることと言えばそれまで、ではあるが、個別の人間にとってはそれはやはり偉大な出来事であり、その素朴なしかし重要な感慨、変化、過去の清算を描いた作品である。過去にそういうことがあった人も、今まさにそうである人も、いつかそうなるかもしれない人も、主人公氏に共感、感情移入、自分を重ね合わせて読み進めることをお勧めしたい。