第62話『我に帰る』

 逮捕された氷高さんを連れて行くパトカーの見送り、警察からの相良さんの事情聴取、氷高さんの旦那さんからの謝罪などがあって、俺達がようやく落ち着けるようになったのは午後10時を過ぎてからだった。

 今は遥香さん達が宿泊している部屋にお邪魔している。2人でいるにはとても広く感じた部屋も、10人もいるとさすがに狭く感じてしまうな。

「皆さん、本当にありがとうございました。彼女の逮捕があったことで、少しの間は慌ただしくなるとは思いますが……平和な時間が取り戻せそうです」

 そう言って、相良さんは俺達に深くお辞儀をした。

「いえいえ。最終的には相良さんと水代さんで解決しましたね。俺達は……2人のお手伝いをさせてもらった感じです」

「……そうかもしれませんね、藍沢様」

 生きている人だけで解決して欲しいと水代さんは願っていたけれど、ああいう風にして姿を現したということは、彼女自身が相良さんと一緒に解決すべき状況になったからなんだと思う。

「しかし、氷高さんと決着を付けて、彼女が逮捕されても氷高さんはこうして俺達の前に立っているんですね」

「そうだね、坂井君。まあ、幽霊だからか、体を触ったりすることはできないんだけどね」

 ほらっ、と水代さんが坂井さんの手を触ろうとしても、坂井さんの手には触れることなくすり抜けてしまう。

「まあ、円加にはまだやるべきことが残っているからじゃない。それが終われば、きっと……成仏するんでしょうね」

 儚い笑みを浮かべながら、相良さんはそう言った。

 今までは氷高さんとの決着が果たされていなかったので、霊としてこのホテル周辺を彷徨っていた。それが果たされた今もここにいるってことは、おそらく……彩花と遥香さんの体を元に戻したら水代さんは成仏され、完全にこの世から消えてしまうのだろう。

「そうだろうね、悠子ちゃん。成仏してしまうことは寂しいけれど、やるべきことはしっかりとやらないとね」

「……うん」

「ほら、泣かないの。若い人達がいる前で。それに、いつまでも宮原さんと坂井さんの体を入れ替えたままじゃ2人が可哀想だからね」

「……そうね」

 どうやら、水代さん自身も最後にやるべきことが、彩花と遥香さんの体を元に戻すことであることは分かっているようだ。

「水代さん。遥香と彩花ちゃんの体を元に戻してください」

「……いいけれど、原田さんや藍沢君にとっては衝撃的な光景を目撃することになるかもよ」

「ど、どういうことですか?」

 俺や絢さんにとって衝撃的な光景ってどんなことだろう? 俺と絢さんは入れ替わってしまった2人と付き合っている人間だけれども。


「宮原さん。坂井さん。大切な人のことを想いながら口づけをしなさい。そうすれば、2人は元の体に戻るわ」


 水代さんははっきりとした口調でそう言った。

 なるほど、だから衝撃的な光景を目にすることになるのか。彩花と遥香さんの口づけ……ねぇ。相手が男なら腹が立つけれど、遥香さんなら……い、いいんじゃないかな? これっきりなんだし。俺はそう思えたけれど、絢さんはどうだろう?

「自分自身と口づけをするんですよね、直人さん」

「……そういう考え方もできますね」

 確かに、心は入れ替わった相手だけれど、体は自分自身。そう考えれば、2人とも口づけをすることに少しは躊躇いがなくなるかな。

「く、口づけですか……」

「相手は自分自身でも緊張してしまいますよね、遥香さん」

「そうですね、彩花さん」

 当の本人達は顔を真っ赤にして恥ずかしがっている。それは口づけをすること自体なのか。それとも、俺達がこの部屋にいるのがまずいのかな?

「2人とも恥ずかしがっているじゃない。円加が何とかできないの?」

「こればっかりはね。2人の体が入れ替わったときも、2人の頭が触れた瞬間に私が魂を入れ替えたのよ。だから、戻る場合は唇が触れたときに私が2人の魂を元に戻すの」

 今の水代さんの話を聞くと、触れているところが2人の魂の通り道になるってことかな。

「あなたが関わっているなら、入れ替わったときと同じように2人の頭をぶつければいいんじゃないの?」

「……それでもいいけれど、その場合は相当強くぶつからないといけないからね。痛い目に遭うのと、唇を触れさせるんだったら、唇の方を選ばない? 相手が相当嫌な人じゃなければ。それに、体は自分自身なのよ?」

「まあ、痛い目に遭うのは嫌だもんね……」

 俺も……まあ、一度きりで済むんだったら唇の方を選ぶかな。体ということだけで考えれば自分自身に口づけをするんだし。

「あの、水代さん」

「何かな? 坂井さん」

「……大切な人というのは、好きな人ということでいいんですよね」

「一番大切な人が好きな人だったらね」

「……分かりました。私は心の準備ができましたけれど、彩花さんの方はどうですか?」

「私の方も……大丈夫です。遥香さん、お願いします。その……女の子同士の口づけは遥香さんの方は慣れていると思いますので、遥香さんが私に……」

「……はい」

 なるほど、彩花は女の子と付き合っている遥香さんに任せたのか。

「彩花さん、しますよ」

「……お願いします」

 2人とも互いに顔を真っ赤にして見つめ合っている。何だか、こっちまでドキドキしてくるな。

 そして、遥香さんからという形で2人は口づけをした。唇が触れてからゆっくりと目を閉じる。

「そのまま口づけしていてね。2人の魂を……」

 水代さんは2人の方に腕を伸ばす。すると、彼女の手が青色に光っている。今、彩花と遥香さんの魂が元の体に戻している最中なんだな。

 やがて、水代さんの手に宿っていた青い光も消えてゆく。2人の魂の入れ替わりが終わったのかな。

「唇を離していいよ」

 水代さんがそう言うと、彩花と遥香さんはゆっくりと唇を離し、目を開ける。すると、2人はお互いの顔を見て嬉しそうな表情に。


「戻ったよ! 絢ちゃん!」

「直人先輩! 元の体に戻ることができました!」


 2人は無事に元の体に戻った……か。

 彩花はベッドから降り、俺のところに駈け寄り抱きしめてくる。

「はあっ、やっぱり元の体に戻って直人先輩のことを抱きしめると幸せですね」

「良かったな、元の体に戻って」

 俺も彩花のことを抱きしめると……不思議と懐かしい感覚に。遥香さんが彩花の体に入っているときにも何度も抱きしめたけれども。およそ2日間だけれど、2人が入れ替わってから色々なことがあったので、随分と久しぶりに元の状態の彩花のことを抱きしめたような気がした。

 そして、彩花と入れ替わっていた遥香さんの方を見てみると、彼女は絢さんと抱きしめ合っていた。向こうも幸せそうだ。

「遥香ちゃんも彩花ちゃんも元の体に戻って良かったね!」

「ああ、これで一件落着だな。それは、俺達のことに関してだけだけれど」

「どういうこと? 隼人」

「水代さんの姿が消える気配が全然ないからな。まあ、そもそも問題が全て解決すれば消えるかどうか限らないけれど。ただ、この場で何かすべきことがあるかどうかっていうのは、本人達が一番分かっているんじゃないかな?」

 坂井さんはそう言うけれど、おそらく……水代さんにはこの場ですべきことが残っていると思っているようだ。俺も同じことを考えている。本人達が何をすべきなのか分かっているはずだ。

「……お姉ちゃん」

「ん? どうしたの、晴実」

「……見守っていてくれる? 藍沢さんも、坂井さんも」

 晴実さん、顔を赤くしている。ついに、その決心をしたのか。

「……うん。頑張りなさい、晴実」

「ど、どういうことなんですか? 先輩」

「それはすぐに分かるさ。晴実さんのことを見守っていよう」

「……先輩がそう言うのであれば」

 晴実さん、自分で気持ちを伝えたいから内緒にしてほしいと言っていたからな。ただ、その気持ちをついに自分の気持ちで伝えるときが来たか。

「……紬ちゃん」

「うん」

 紬さんは何となく察しが付いたのか、頬をほんのりと赤くさせて晴実さんと見つめ合っている。

 ふうっ、と晴実さんは一度、大きく息を吐いて、


「紬ちゃん。私……紬ちゃんのことが好きです。私を付き合ってくれませんか」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます