第50話『誰が。』

「とりあえず、考えなければいけないのは……どうすれば氷高さんに自分のやったことが悪いことであるかを分かってもらえるか、ですね」

 坂井さんは腕を組みながらそう言う。彼の言うとおりだな。自分のやったこと……主に、水代さんへのいじめ、水代さんが自殺したことをネタにして相良さんに脅迫を行なっていること。それらが悪いことだと分かってもらえればいいんだけれど。

「今更、あの女が自分のやったことが悪いと思うことなんてないと思うけれどね。そうじゃないと、10年近くも悠子ちゃんのことを脅迫し続けないでしょう? 私は早急に脅迫の罪で警察に逮捕してもらうべきだと思う。私への謝罪の言葉は……なくてもいいよ」

「でも、円加は今でも許せないんでしょう? それなら……」

「2人とも、落ち着いてください」

 こういうときこそ冷静にならないと。俺が2人のことを落ち着かせる。

「色々と整理していきましょう。まず、今回の目的は水代さんへの謝罪、相良さんへの脅迫の解消、脅迫を理由とした逮捕です。その目的を果たすための重要なポイントが、水代さんへのいじめと相良さんへの脅迫が悪いことであると氷高さんに分かってもらうことです。そして、分かってもらうためにはどうするかを今、考えるべきかと思います」

 今回の背景には20年以上前に起こった水代さんへのいじめがある。そして、そのいじめの中心人物が氷高裕美さんだ。20年前の夏にこのホテルで水代さんが投身自殺を図ったことにも氷高さんが関わっている。

「私、考えてみたんですけど、今回のことには水代さんへのいじめと水代さんの自殺が関わっています。そのことについて、今一度、氷高さんに話すべきじゃないでしょうか。水代さんさえ良ければ、あなたから」

 絢さんがそんな提案をしてくる。

 確かに、水代さんが自殺してから20年経った今……自分の犯したことの重さを知ってもらうには、これまでに起こったことをありのままに伝えるのが一番だろう。今、水代さんはこうして誰かの体に憑依することができる。水代さんさえ良ければ、彼女自身から話してもらうのが最も効果的かも。

「そうね……でも、私は既に死んでいるからね。生きている人間が解決しないと意味がないと思うのよ。まあ、妹のことになったら、こうして誰かに憑依して口出ししちゃっているから、そういうことを言う資格はないかもしれないけれど……」

「……円加の言うとおり、とは言い切れませんが、氷高さんは昔……私をいじめていたときにこう言っていました。死人に口なし、と。死んでしまったのだから、何も恐れることはないのだと。それを私に言うと、円加が自殺したことへの恐怖心がなくなったからか、いじめはなくなりました」

「……腹が立つね。前言撤回したいくらいだよ」

 目を鋭くした水代さんは声のトーンを幾らか下げてそう言った。生前からこのくらい強気であれば、もしかしたらちょっと変わっていたのかな。

「絢ちゃんは水代さん本人が言った方がいいと言いましたけど、私は……第三者である私達が20年前のことを話した方がいいと思います。どうしても、水代さんや相良さんが相手だと当時の感情が湧き出してきて、自分は悪くないと主張し続けるかもしれませんし、もしかしたら新たな悪口を言ってくるかもしれません」

「私も同じことを考えていました。遥香さんの言うように第三者であれば、氷高さんは冷静に話を聞いてくれるかもしれません。そのことで、水代さんや相良さんへ謝罪する方向に持って行けるかも。ただ、何の関わりもない人が20年前のことをとやかく言う資格はないと言われるかもしれませんが。それに私達、全員学生ですし……」

 なるほど、遥香さんと彩花の意見も一理あるな。第三者からの言葉であれば、氷高さんも落ち着いて聞いてくれるかもしれない。ただ、彩花の言うように、20年前には生まれてもいない俺達に、当時のことについてとやかく言われる筋合いはない、と話を全く聞いてもらえない可能性もあり得る。

「どちらの考えも良さそうですけど、氷高さんに全く相手にしてもらえない可能性もあるんですよね。その上、第三者である俺達が動いたことが知られれば、相良さんやこのホテルのことについて、悪く脚色された形で世間に公表されてしまう危険もあります」

「藍沢さんの言うとおりですが、これまでの話から、氷高裕美さんという人物を相手にすると、どのような手段を使っても失敗の可能性は存在する、と考えた方がいいと思います。ただ、一番駄目なのは……何もしないことではないのでしょうか」

「……そう、ですね」

 坂井さんの言うとおりだ。どんな形で氷高さんを相手にしても、そこには必ず何らかのリスクが存在するということ。ただ、何の行動もしないことが、最も選んではいけない手段であることは確かなようだ。

「俺は絢さんの考えも、遥香と彩花さんの考えもいいと思っています。ただ、生きている人間だけで解決しなければ意味がない、という水代さんの想いを尊重するのであれば、遥香や彩花さんの考えをベースにする。つまり、俺達6人を中心に動いていった方がいいでしょうね」

「是非、そうしてほしいな。最後の手段、という形で私が出てくるのはありだけれど。さすがに霊として20年も過ごしていたから、あの女ともまともに話せると思うよ」

 亡くなってはいるけれど、心は20年分成長しているということか。氷高さんに言いたいことはたくさんあるんだろう。

「分かりました。では、相良さんと俺達6人で何とかやっていく形にしましょう」

「ありがとう、坂井君。悠子ちゃん、大丈夫だよ。この6人だったらあなたに協力してもらえると思って、宮原さんと坂井さんの体を入れ替えさせたんだから」

「……分かったわ」

 相良さんは力強く頷いた。

 俺達6人と相良さんで何とかして氷高さんと決着を付けるか。基本的にはそうしていきたいよな。本人の意志でここに来るとしても、晴実さんを氷高さんに会わせるようなことはあまりしたくない。

「そうと決まったら、あとは生きている人達に任せるわ。個人的に……晴実に協力してもらうようなことにはなってほしくないけれど、本人の希望だったり、どうしても協力が必要だったりするなら止めないわ。ただ、みんなで晴実のことを守って欲しい。晴実、私によく似ているから、あの女が感情を爆発させて何か酷いことを言ってくるかもしれないから」

「晴実ちゃんのことは絶対に守るわ」

「……私と同じ目にだけは絶対に遭わせないでね」

「うん」

「……じゃあ、またね」

 そう言うと、香川さんの体が坂井さんの方に倒れ込む。水代さん、香川さんの体から抜け出したんだな。香川さん、気持ち良さそうに眠っているな。

「あっ、直人お兄ちゃんと絢お姉ちゃんだ!」

 俺と絢さんをこう呼ぶ女の子って、まさか。

「な、七実ちゃん……」

 ちょっと遠くの方だけど、水色のワンピースを着た七実ちゃんがこっちの方を向いて手を振っている。七実ちゃんと一緒にいるのはご家族かな。氷高さんの他に、大人の男性に、七実ちゃんよりも背の小さい男の子がいる。あれが悠太君かな。

「俺と絢さんで七実ちゃんの所に行ってきます。行きましょう、絢さん」

「はい」

 坂井さん以外、氷高さんがちょっと向こうにいるからって睨んでいるな。

 俺と絢さんは七実ちゃんの所へと向かう。

「七実ちゃん、ワンピース、よく似合っているね」

「……あ、ありがとうございます」

 七実ちゃん、俺が目の前に来たのか顔を赤くしてもじもじしているな。ただ、ちょっと嬉しそうだ。

「家族みんなでこれからどこかに行くの?」

「うん! 今日は夕方まで観光に。岬とか、洞窟とかに行くんだよ!」

「へえ……」

 確か、ホテルの周辺や、ホテルからちょっと脚を伸ばしたところに色々な観光地があった。洞窟というのは鍾乳洞のことかな。ここからだと、ホテルから車で30分くらいのところにある。

「貸し切りバスで行ける半日ツアーというものがあるんですよ。今日はそのツアーに行って、夕方、ここに戻ってきたら海やプールで遊ぶ予定なんです」

「そうなんですか。海で遊ぶことを許したんですね」

「ええ、藍沢さんや原田さんの言うように、楽しい旅行にしたいと思っていますので」

 ふふっ、と氷高さんは笑っている。相良さんを脅迫してまでいい部屋に泊まっているにも関わらず楽しい旅行にしたいだなんて。ここまでいい笑顔を見せられると、ホテル側が最高級の提供をするのは当たり前だと思っているんだろうな。

「それにしても、お二人とも……相良さんと話していたようですけど?」

 相良さんの方に向けて鋭い視線を送っている。今はまだ……水代さんのことを言わない方がいいな。旦那さんや2人のお子さんもいるから。

「近くに甘味処がないかどうかを訊いていたんです。俺達、甘いものが大好きで……せっかく旅行に来たんですから、ご当地スイーツを食べたいと思って」

「そうだったんですか」

「ええ。あっ、観光を楽しんできてください。ただ……昨日知ったんですけど、このホテルと周辺にはよくお化けが出るみたいなので気をつけてください。特に鍾乳洞のような暗い所では……」

「ええ、私……お化け嫌いだよ」

 七実ちゃん、お化けが嫌いなのか。ちょっと悪いことをしたな。

「大丈夫だよ、普段の行いが良ければ、仮にお化けが出てきても怖いことはしないって。何かありそうならお父さんやお母さんに守ってもらえばいいよ」

「直人さんの言うとおりだよ、七実ちゃん」

「……うん!」

 七実ちゃん、すぐに笑顔になった。氷高さんからよくこんなに素直そうな娘さんが生まれたもんだ。

 まあ、水代さんの霊が実際に出てくるかもしれないけれど、何もしないだろう。生きている人間が決着を付けるべきだと考えているから。

「……心配ないですよ、藍沢さん、原田さん。このホテルにはよく幽霊が出るようですが、写真でしか姿を現さないような小心者ですから」

 まるで、噂になっている幽霊のことを嘲笑うかのように言った。この様子だと、このホテルに出る幽霊が水代さんであると分かっているな。

 それにしても、小心者か。水代さん……今の言葉を聞いて激怒していそうだ。

「それでは、そろそろ出発の時間ですので、私達はこれで」

「直人お兄ちゃん、絢お姉ちゃん、またね」

「うん、またね、七実ちゃん」

「会ったときには、お姉ちゃん達にお話を聞かせてね」

「うん!」

 そして、氷高さん一家はツアーに出発するためホテルを後にした。残り少ない楽しい時間をご家族と一緒に堪能してきてください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます