第30話『おしかり』

 ――パチンッ!

 お母さんが七実ちゃんのことをはたいた瞬間、そんな音が響き渡った。

 七実ちゃんのことを心配しているからここまで怒ってしまうんだろうけれど、多くの人がいる前で娘を叩くことはないんじゃないか。そのことで周りの人がこちらを見ているし。七実ちゃんが可哀想だ。

「ごめんなさい……」

 七実ちゃんは涙を流しながらお母さんに謝った。

 七実ちゃんのお母さんは七実ちゃんの両肩を掴んで、

「お父さんも悠太も、七実のことを心配して探し回ったんだから! まったく、どうしてあなたって子は……」

「ごめんなさい。泳いでいたら、気付かない間に遠くまで行っちゃって……」

「もう、七実ったら。海はとても危険なのよ。深いところだってあるし……今回の旅行では海で泳ぐことは許しません!」

「……ごめんなさい」

 確かに、七実ちゃんの言うとおり、お母さん……結構恐いな。だからか、七実ちゃんもごめんなさい以外はほとんど言えていないし。

「七実のことを助けて頂いて本当にありがとうございました」

 さすがに、俺と絢さんに対しては笑顔でそう言ってくれた。七実ちゃんのお母さんは俺達に対して深く頭を下げる。

「顔を上げてください。七実ちゃんが無事にお母さんと会うことができたので、本当に良かったですよ」

「……本当にありがとうございます」

「……ただ、七実ちゃんも海で泳ぐことを夢中になってしまったことは反省しているように見えましたし、せっかくの旅行ですから……楽しい方がいいと思いますよ。七実ちゃんも今度からは気をつけて泳ぐよね?」

「……うん」

 七実ちゃんは確かに頷いた。

「本人もこう言っているわけですし、海で泳がせてあげてもいいのでは? そうじゃなかったら、七実ちゃんにとって楽しい旅行じゃなくなってしまうかもしれません」

「……楽しい旅行じゃなくなる、ですか……」

 七実ちゃんのお母さん、何か思い詰めている様子だけどどうしたんだろう。七実ちゃんに海で泳ぐのを禁止、って言ってしまったことを後悔しているのかな?

「私からもお願いします」

 絢さんはそう言うと、深く頭を下げた。君がそうする必要はないと思うけれど……七実ちゃんにとって楽しい旅行にしたい気持ちでいっぱいなんだろう。

 はあっ、と七実ちゃんのお母さんは一つため息をつくと、

「お2人の名前を教えて頂けますか?」

「藍沢直人です」

「原田絢です」

「藍沢さんに原田さんですね。お2人に免じて……七実、さっきの話はなしね。海で泳いでいいよ。ただし、周りに気をつけて泳ぐこと。いいわね?」

「うん、ありがとう! お母さん!」

 ようやく、七実ちゃんから嬉しそうな表情を見ることができたな。本当に泳ぐことが好きなんだと分かる。これなら、七実ちゃんにとって楽しい旅行になるかな。迷子になって怒られてしまったことも、いつかは笑える一つの思い出になるだろう。

「本当にお2人に七実のことを助けてもらって良かったです。ほら、七実。2人にお礼を言いなさい」

「うん。ありがとうございました。直人お兄ちゃんに絢お姉ちゃん」

「これからは気をつけるんだよ、七実ちゃん」

「楽しい旅行にしてね」

「……はい」

 そして、七実ちゃんとお母さんは笑顔を浮かべて手を繋いで、海の方へと歩いて行った。

「頬を叩かれたときはどうなるかと思いましたけど、良かったですね、直人さん」

「そうですね。一件落着ですね」

「それにしても、直人さん。小さい子を相手にするのが上手なんですね。子供が好きなんですか?」

「特に好きっていうわけじゃないですけど、俺には3歳下の妹がいるんで、年下の女の子の相手をすることは慣れていますね」

 実家に住んでいた頃は、妹の友達と一緒に遊んだりもしたし。あとは美緒や唯という幼なじみの女の子と一緒にいる時間が多かったからかな。

「へえ、藍沢さんも一番上なんですか?」

「ええ、そうですよ」

「私も一番上で……中学生の妹と小学生の弟がいるんです」

「だから、絢さんも迷子になっている七実ちゃんに対して落ち着いていたんですね」

 なるほど。お姉さんである絢さんに妹の遥香さん、か。そう考えると2人は結構お似合いのカップルなのかもしれないな。

「藍沢様、原田様……ありがとうございました」

「いえいえ。相良さんがこんなところにいるなんて。七実ちゃんのお母さんがホテルの中まで七実ちゃんのことを探しに来たんですか?」

 プールサイドにも係員はいるし、ちょっと遠いけれど遊具を貸し出しているところもある。スタッフなら何人もいるのに、相良さんが一緒にいたということは七実ちゃんのお母さんがホテルまで探しに行った可能性が高い。

「……いえ、違うのですよ。私は彼女に……お子さんがいなくなってしまったから探してほしいと呼び出されたんです」

「えっ? そうなんですか?」

 わざわざ相良さんを呼び出すってどういうことなんだ?

「どういうことなんでしょうね、直人さん」

「さあ……」

 娘がいなくなってしまったことが、そこまで重大なことだと捉えたのか。それとも、言い方は悪いけれど……あのビーチはホテルが管理している区域であり、そこでいなくなったからホテル側に責任を取らせたかったのか。

「ここでは人が多いですから、静かな場所に移動しましょう。お2人に話したいことがありますので。お時間は大丈夫でしょうか」

 遅くなっても、事情をしっかりと話せば彩花達なら許してくれるだろう。それに、相良さんがこれから話すことは、おそらく彼女達にも耳に入れておくべきことだと思う。

「ええ、大丈夫ですよ」

「ありがとうございます。近くにベンチがありますのでそこにご案内します。屋外ですが、日陰になっているので今日のように風が吹いていると涼しいですよ」

 そして、俺と絢さんは相良さんの案内で近くのベンチへと向かう。そこには人はいないのでここなら静かに話せそうだ。

 俺は絢さんと相良さんに挟まれる形で座った。

「俺と絢さんをここに連れてきてまで話したいこと……それって一体、何なのですか?」

「先ほどの女性……氷高裕美ひだかゆみのことです」

「それが七実ちゃんのお母さんの名前ですか」

「ええ……」

 フルネームで覚えているということは、氷高さんは関係者に名前を知られるほどの常連さんなのかな。

「彼女のご家族は毎年夏になるとこのホテルに来てもらっているVIPなのです」

「そうだったんですか」

 VIPであれば、何かあったときに総支配人である相良さんを呼び出すというのは自然なことか。

「ただ、VIPとしてお越しいただいていることには理由がありまして。このことを話すのはお二方が初めてです」

「……もしかして、20年前の事件に関わっているのですか?」

 今日、初めて会った俺達に対して、誰にも知られていないことを話す理由を考えたら、先ほど話していただいた20年前の事件しか考えられない。

「その通りです。彼女は先ほど話したことの全ての始まりなのです」

「もしかして、それって……」

 今の言葉で絢さんも気付いたようだ。氷高さんという人物がどういう人物なのか。

 相良さんは一度、ゆっくりと頷くと、


「彼女は円加が中学時代に告白した相手であり、円加をいじめる中心となった人物なのです」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます