第9話『カラメル-後編-』

 ここのホテルにはバスローブが用意されていたので、お風呂に出た俺と彩花はバスローブを着て浴室を出る。

「まさか、バスローブを着る日がこんなに早く来るとは思わなかったなぁ」

「そうですね。いいホテルに泊まっている感じがします」

「それ言えてるな」

 もちろん、バスローブを着るのは初体験なので、余計に非日常の雰囲気が。高校生でこんなにも贅沢な時間を過ごしていいのだろうか。

「……とりあえずベッドで横になるか」

「そうですね」

 俺と彩花は寄り添うようにしてベッドの上で横になる。

 いつもとは違ってベッドはふかふかだし、広いし、見ている天井も高い。そんな中でいつもと変わらないのはすぐ側にいる彩花だけ。

「彩花。俺から離れるなよ」

「……もう、先輩ったら。離れるなって何度も言うなんて。旅行に行ってから、私のことが凄く好きになっちゃったんですか?」

「彩花への好意は常に右肩上がりだよ。まあ、旅行を通じてより好きになったことは事実だけれど」

「ふふっ、そうですか。私も同じです」

「彩花……」

 俺は彩花のことを覆い被さるような体勢に。

 こうして改めて見てみると、バスローブ姿の彩花もとても可愛いな。普段は見られないのでこれぞ旅行って幹事だ。

「そろそろ……イチャイチャしましょうか?」

「……そうだな」

「でも、その前に……戸締まりできているかをきちんと確認しましょう。カーテンを閉めましょう。覗かれることはないけれど、万が一のこともありますので。あと、電気も消しちゃいましょう。ベッドライトの明かりだけで十分ですから」

「分かった」

 戸締まりはもちろん確認すべきだけれど、カーテンを閉める必要はないと思う。でも、彩花の言うとおり万が一のこともあるので、ちゃんとやっておくか。

 部屋の扉は……ちゃんと鍵が閉まっているな。窓の方も鍵は閉まっている。カーテンを閉めて、部屋の電気を消しに行く。

「彩花、ベッドのライトを点けてくれ」

「はい」

 そして、部屋の電気を消してベッドに戻ろうとすると、そこにはベッドの上で横になっている彩花の姿が。

「ふふっ、バスローブを着てベッドに横になるなんて何とも贅沢な感じです」

「確かに、旅行でしかできないことかもしれないな」

 俺も彩花と寄り添うようにしてベッドの上に横になる。バスローブの柔らかさとベッドのふかふかさで……あぁ、眠くなってきた。

「せっかくですから、バスローブ姿でイチャイチャしましょう」

「そうだな」

 そして、俺と彩花はバスローブ姿でイチャイチャした。

 しかし、このホテルに来たことや海やプールでたっぷりと遊んだ疲れが体の中に溜まっていたこともあって、今夜は寝かせないという花火大会の言葉は果たすことはなく……すぐにぐっすりと眠るのであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます