第24話『ナイトメア』

「面! めーん!」


 剣道場で、唯は1人で素振りをしている。

 体操着姿の唯の首筋には汗が流れる。その汗は外から入ってくる夏の日差しで煌めいている。唯は誰よりも早く部室に行って、自己練習していたなぁ。


「……あっ、直人。来てたんだ」

「ああ。唯は今日も自主練か?」

「うん。あたしはまだまだみんなより下手だから、みんなよりも練習しないと」

「そんなこと……ないと思うけれど。大会でも結構上位に行ってたじゃないか」

「それでも、直人や笠間君には敵わないし……もっと強くなりたいんだ」

「……そうか」


 唯は素振りを再開する。その時の彼女の表情は真剣そのものだった。

 男子である俺や笠間には及ばない部分はあるけれども、女子の中では一二を争うほどの強さだと思っている。


「ねえ、直人。あたしと一緒に……練習に付き合ってくれないかな」

「いいけれど、どんな感じで練習しようか」

「……あたしと剣を交わして欲しい」


 剣を交わす……それはつい最近、聞いた言葉だ。


「できないわけないよね」


 そう言う唯の目つきはとても鋭いものになっている。


「……直人。あたし、全部知ってるんだよ。あたしが死んだのに、他の女の子と一緒に剣道をする気なんだ」

「そ、それは……」


 今、俺の目の前に立っている唯は、唯じゃないのか? あの夏の俺の知っている彼女じゃないのか?


「あたしから剣道を奪ったのに、今更……直人に剣道を楽しむ資格なんてないんだよ。ううん、あたしが絶対に楽しませない」

「けれど、御子柴さんと……」

「それは彼女の我が儘でしょう? 直人がそれに付き合う必要なんてないの。そんなに剣道がしたいなら、天国で私と一緒にすればいいよ」


 すると、唯は竹刀を手から離し、体操着のポケットからナイフを取り出す。


「突きいいい!」

 

 唯がそう掛け声を叫んだときにはもう、逃げる暇なんてなかった。

 俺に迫ってくる唯の笑みは狂気に満ちていた――。



*****



「うわああっ!」


 見えているのは月灯りでぼんやりと見えている病室の天井。


「夢、だったのか……」


 途中までは本当にあったことだけれど、剣を交わす、と唯が言ったところから今の俺が抱いている彼女への罪悪感を映し出しているようだった。


「……本当のところ、唯は天国で今の俺のことをどう思っているんだろう」


 夢に出てきたように、俺が剣道をすることに嫌悪感を抱いているのか。絶対に分からないこそ知りたい。絶対に教えてもらえないからこそ、教えてほしい。


 息苦しくて。

 身が震えるほどに寒くて。

 眠ることがとても怖くて。


 未だに俺は2年前の事件に囚われている。だから、こんな夢まで見てしまうんだ。本当にあの日の出来事も夢だったらいいのに。それを何度思ったことだろうか。

 眠れない夜はとても長く思えた。夜が明けても眠ることはできなかったのであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます