第8話『同窓会-①-』

 午後5時50分。

 俺と笠間は同窓会の会場となる地元の料亭に到着した。料亭といっても洲崎で採れたものをお手軽な値段で食べることのできる和食屋さんだ。

 集合時間10分前ということもあって、既に20人ほど集まっており、賑わっている。想像したよりも中学卒業から変わっていない。美月の成長ぶりを最初に見たから1年間って相当な時間だと思っていたんだけど、意外とそうではないのかも。


「おお! 藍沢! 久しぶりだな!」


 そう言って俺に向かって手を振るのは委員長だった佐藤拓海さとうたくみ。今回の同窓会の幹事を務めており、今は美緒や笠間と同じ地元の洲崎高校に通っている。トレードマークの坊主頭は今でも健在か。中学のときよりも更にがっちりとした体型になっているような。中学時代は水泳部だったけど、おそらく今も続けているのだろう。


「久しぶり、佐藤。水泳は変わらずやってるのか?」

「当たり前だ。水泳で青春を駆け抜けるつもりだからな」

「そうか」


 やっぱり。彼らしくて安心した。

 佐藤は俺が非難を浴びているとき、唯一と言っていいほど、堂々と俺の味方をしてくれたクラスメイトだった。委員長で人格者の彼の言葉のおかげで、非難も少しは和らいだ記憶がある。俺が不登校から脱出したとき、温かく迎えてくれた1人だ。


「ここに集まっているのはみんなここに住んでて、高校もほとんどが洲崎高校なんだ。だから、藍沢に会えてようやく久しぶりの再会って感じがする。同窓会らしくなってきたぞ」

「俺みたいに高校で上京する生徒は珍しいもんな」


 公立志望は洲崎高校がほとんどで、私立志望も町内か隣の市にある高校に行くのが大半だった。俺みたいに高校進学を機に上京する生徒は珍しかった。佐藤の言うとおり、同窓会という名目だけど、あまり同窓会っぽくないのかも。

 といっても、上京した俺にとっては既に同窓会気分になり始めているけど。


「しかし、驚いたぞ。藍沢、月原の高校から女の子を2人連れてくるとは」

「それってやっぱり美緒から?」

「ああ、そうだ。あとは北川からもそういうメールが来たな」


 北川……ああ、クラス副委員長の北川楓きたがわかえでか。クラスの女子の中で1番真面目だった奴だ。彼女も洲崎高校に通っている。


「あら、私の名前が聞こえた気がしたのだけれど。あっ、藍沢君。久しぶりね」

「久しぶり、北川」


 うん、変わってない。眼鏡をしていることも黒髪のロングヘアも。ただ、1年の間で元々大人っぽかった雰囲気が更に増している。

 2年前、北川は何も声を上げなかったけれど、決して俺の非難もしなかった。彼女も俺が再び登校し始めてからすぐに普段通り接してくれた1人だった。


「落ち着いてクールだったあなたがまさか、女の子を2人連れて帰ってくるなんてね。美緒からそのメールが届いたときとても驚いたわ。思わず、衝動的に佐藤君へメールを送ってしまったわ」

「そんなに俺って女子を嫌っているように見えたのか?」

「ええ。てっきり、美緒と付き合うと思ってたわ」


 笠間だけではなく北川までそう言うとは。もしかしたら、美緒と付き合うんじゃないかっていう思い込みがあるからこそ、彩花と渚を連れて帰ってきたことに衝撃を受けてしまうのかもしれない。


「でも、小説のいいネタになるな。好きな幼なじみが帰ってきたと思ったら、彼は2人の女子を連れてきていた……ありかも」

「ん? 北川って小説書いてるのか?」

「ええ。高校では文芸部に入っていてね。定期的に文芸誌を発行しているのよ」


 彩花と渚を連れてきたことがいいネタになると言われると、今まで書いた小説も身の回りの人間模様が元ネタな気がしてならない。けれど、

「ちょっと読んでみたいな」

 俺がそう言うのが意外だったのか、北川ははっとした表情になって俺のことを見てくる。ちょっと気恥ずかしいのか頬を赤くして。こういう表情は見たことがなかったな。


「家に余りがいくつかあったはずだから、藍沢君が帰るまでに渡すわ」

「ああ、分かった」


 そういえば、教室で本を読んでいる北川の姿を結構見かけたな。高校生になり、創作意欲が湧いて読んでいるだけでは満足できなくなったのかな。

 みんな、高校生になっても自分の好きなことを頑張ってやっているんだな。何だか自分がだらけているように感じてしまう。


「あっ、なおくん」


 美緒が俺の名前を呼ぶと、俺のすぐ側までやってくる。ちょっと顔が赤い。

「用事は終わったのか?」

「うん。それで、急いでここまで走ってきたんだ……」

 それで少し顔が赤かったのか。


「やっぱり、藍沢君と美緒が並ぶ光景って見ていると落ち着くのよね。これがずっと続くと思っていたのだけれど……」

「えっ? 何の話? 楓ちゃん」

「藍沢君には美緒が一番のお似合いだと思っただけよ」

「それはきっと、なおくんと幼なじみだからだよ。きっと、誰よりも一番長く付き合っているんじゃないかな? そんななおくんだって、今回みたいに高校の女の子を連れてくることもあるよ」


 いつもの優しい笑顔を浮かべながら美緒はそう言う。

 幼なじみだからか。俺もそれが一番の理由だと思っている。


「そういう楓ちゃんは佐藤君といいコンビって感じがするよ。今のクラスでも佐藤君が委員長で楓ちゃんが副委員長なんだよ、なおくん」

「へえ、そうなのか」


 確かに、2人らしい感じはする。俺の記憶の中では佐藤と北川は委員長副委員長コンビだから。それが今でも続いていることに安心感がある。

 気付けば、さっきよりも人が集まっていた。その中にはお世話になった女性の担任もいて、今は女子達を久しぶりの再会を喜び合っていた。俺も後で挨拶しに行こう。


「ちょっと参加者がいるかどうか確認してくる。男子は俺がやるから、北川は女子の方をやってくれないか? これが参加者リストなんだけど」

「分かったわ」


 2人のやりとりを見ていると懐かしい気分になるな。中学の時も佐藤と北川が上手くクラスを纏めてくれていた。高校でも今のようにコンビ力を発揮しているに違いない。


「違う学校でも、放課後とか休日にたまに見かける奴らばかりだ。久しぶりっていうのはお前くらいだな」


 笠間は俺の側でそう呟いた。


「笠間君の言うとおりだね。今も同じクラスっていう子もここに何人もいるもんね」

「ああ。そうでなくても隣のクラスとか」

「そうそう。だから不思議な感じがするよ、なおくんぐらいしか久しぶりって感じがしないのは」

「そうか」


 こういった地方の町だと、実家から通うのであれば、進学する高校の選択肢は少ない。だから、進学しても中学までの雰囲気が色濃く残るのだろう。特に洲崎高校に進学した生徒にとっては。

 そういうことを考えると、俺だけ他のみんなと距離があるように感じた。それは、2年前に唯のことで非難を浴びたときとどこか似ていた。

 程なくして、参加者が全員集まったことが確認できたので、俺達は同窓会の会場に入るのであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます