だまっていたうさぎ

作者 弦巻耀

絵本でも道徳でもある。

  • ★★★ Excellent!!!

タイトルがひらがななのがいいですね。
非常に考えさせられる内容で、読んでる時に
「私は神経質なたぬきさんかなぁ」と、自身を投影して読むことが出来ました。

色んな人がいるように色んな考えを持った動物さんがいて
攻撃してくる悪がいます。(この場合人間)

自分や家族の身を守るために何も言うことが出来ないうさぎさん。
うさぎさんたち村の動物たちを守るために出て行ったくまさん。

個人的には「村長、、、ゆするまじ」となるのですが(苦笑)
村長さんも後悔している。

答えなんて千差万別ですが
自分がそのような身になった時どうすべきか、ということは考えれる作品でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

E嬢さんの他のおすすめレビュー 109