STAR

作者 道半駒子

『友だち』だと思ってた。あんな顔して笑うんだ……なにも知らなかった。

  • ★★★ Excellent!!!

陸上一筋のうえ遅刻常習犯。のんびりボンヤリ寮生活を送っていた塚原は、ひょんなことからクラスメイトを自室に泊める。
世話焼きのあたらしい友人に、心地よい関係を保っていたのだが……。

クリスマス篇まで拝読しました。ジリジリと相手を意識してゆく2人がもどかしくて「あぁ、はやく両思いになってほしい!」でもこの絶妙な距離感を保って、もっとトキメキたい気持ちもあって……!(笑)
『あんな顔して笑うんだ。恩田のこと、なにも知らなかった』
男子校の寮内で、そういう恋愛もあったんだとはじめて知った天然で鈍感な塚原。あやういです(笑)
フラフラする彼に、ぜひハッピーエンドを……!!(力入りまくり)笑!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

夜宮あいらさんの他のおすすめレビュー 331