第95話 クリスマスとバースデー

一般市民を観客にしたホームラン対決は、ご破算になった。


会場として借りた野球場にヴィランが襲来し、リアルヒーローショー

に早変わりしたため勝負の結果はドローとなった。


「生徒諸君ナイスファイトだった。さあ、クリスマスを皆で祝おうじゃないか♪」

アメリカ人らしく掌返しをした校長により、無事にクリスマスパーティーが開催

されることとなった。


学校のクリスマスはアメリカ式で盛大だった。


「で、俺の留年とかはどうなるんです?」

校長に聞く進太郎。


「・・・・・2年生からはきちんと学業に励みたまえ。」

苦い顔をした校長が進級を認める。


佐藤君が小さい箱を持って進太郎の所へやってくる。

「ほら、誕生日のケーキだ魔界で食えよ♪」

と言って、箱を差し出したのでありがたく受け取る。


「魔王、誕生日おめでと~~~!!」

クラスの仲間たちが祝ってくれた。


「・・・・皆ありがとう。」

感激して泣く進太郎。


そして、一足先に帰宅した。


「「おめでとうございます♪」」

メイド達も出迎えて祝ってくれた。


「ありがとうな。」

礼を言う進太郎。


「ささ、魔界へ参りましょう式典が待っております♪」


「お着替えもしましょう、カボチャパンツの礼装でちゅよ♪」


王子服にカボチャパンツに着替えさせられた進太郎、カボチャパンツは嫌いだが

気分が良いので着替えた上でメイド達に連れてかれ魔界へ帰る。


ついてみたら、そこはもう祭りだった。


花火は上がり、音楽が流れ出店が並び進太郎を文武百官が出迎える。

両親も正装姿で出迎えてくれた。


「お誕生日、おめでとう♪」

母の祝辞に跪いて礼をする。


民であるモンスター達も歓声を上げて盛り上がっていた。


「皇太子殿下が戻られ、女帝陛下から祝辞を述べられました♪

これより、パレードが始まります♪」


テレビ局のリポーターがカメラに向かいしゃべる。


魔界らしくいかつい獣の頭蓋骨でできたオープンカーに乗せられて

民衆達から祝われる進太郎。


これから冬休み中は魔界で過ごす事となる。


こうして、進太郎の1年は過ぎていく。


次の年には新たな出会いもあるだろう、彼の人生はまだまだ続く。


                           完



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

魔王の孫の変身ヒーロー生活 ムネミツ @yukinosita

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ