出会いと別れの二学期編

第83話 夏の終わりとドラゴン嫁への道

暑さが残るヘルグリム帝国大使館


明後日から二学期である、夏休みの宿題はというとかぱ子こと川原春子が

「・・・・・・事情があるのは知ってるから面倒見てあげるわよ。」

と、付きっ切りで家庭教師状態で見てくれた。


彼女の実家の神社にはお布施を大盤振る舞いした。


元気はというと

「へへ♪俺にも彼女が出来たぜっ!!」

と凄い幸せそうな笑顔で、星条旗モチーフな衣装の巨乳なアメリカ人の

ヒロインと一緒に炎を燃やしている映像を送って来た。


ボストンサニーと言う人らしい、炎属性のコミュニティの集まりで出会い

意気投合したとかでアメリカの彼女の家にホームステイしそのまま留学するそうだ。


親友が離れるのは寂しいが、幸せと門出を心の中で祝う進太郎であった。

「秋は出会いと別れの季節か、家も人が増えてるな。」

人狼、人魚、人工生命、イエティ、人狼二匹目、もう増えないだろうと思っていた。


「・・・・・・た、大変です殿下!!コンプリートです!!」

エティが書簡を開き叫びながら入ってくる。


「・・・・・え、何事!!」

何をコンプリートするんだ?と思いつつ開かれた書簡の文が目に入る。

コンプリート法なる法律が出来た事を知る。


「・・・・・・ドラゴン族の里へ、殿下をご招待だそうです。」

エティがおどおどしながら言う。


「・・・・・・すっげえ、行きたくないんですけどエティさん。」

ドラゴンと言うと、怪獣くらいしか印象がない進太郎。


「・・・・あ、あの!!・・・・・女帝陛下が、絶対にお連れするようにと。」

エティの言葉にげんなりする進太郎、最高権力者には勝てなかったよ。


皇帝と皇太子じゃ皇帝の方が上だし、皇帝が母親だし頭上がらんよね。


「・・・・・・俺、単位足りなくて学校留年するかも。」

新学期早々、学校を休む事になりそうな夏の終わりであった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます