第78話 スペック確認と試し技 前編

サファイアに憑依されてみたら、憧れていたスーパーヒーローみたいに

変身できた進太郎。

「・・・・・・もうこのまま、サファイアと二人で一人

の仮面のヒーローをやって暮らそうか?」


夜の大都会、満月をバックに青いヒーローが高い所から悪党達を見下ろし

左手を拳銃を突きつけるイメージでビシッと悪党達に向けて突き出す。


「・・・・・・さあ、断罪の時間だ!!」

妄想に合わせて鏡の前でポーズと台詞を吐いてみる。

『素敵なイメージですわ殿下♪私と殿下、二人で一人なんて甘美な♪』


サファイアも進太郎に合わせたポーズを意識内で取っている。

進太郎の妄想は、サファイアにばっちり共有されていた!!


「・・・・・・え、何で俺の考えてる事がわかった!!」

驚く進太郎。

『今の私達は身も心も一心同体、殿下のお考えもシェアですわ♪』


意識の中で、海賊服姿のサファイアが囁く。


意識の外の現実では、青い外骨格のヒーローがポーズを

取ったまま固まっていた。


「・・・・・・・超恥ずかしい!!」

意識内の進太郎が両手で顔を覆えば、現実でも顔を覆い悶える。


憑依されての変身の、デメリットを思い知った進太郎。

「・・・・・・まさか、他のアニー達でも同様か?」


『私といるのに他の女の話をするなんで酷い方♪、イエスですわ。』


・・・・・・現実は非情である、思考駄々漏れどころじゃない。

二人で一人のヒーローって聞くが、なって見ると心の

プライバシーとかなくね?と思う。


サファイアの方は、主人に甘える犬状態である。

『夫婦とは一つの星を眺めるものだと言いますわ♪』


どこぞの文豪の言葉を何故知っているんだろう?

『殿下の記憶がこちらに伝わって来ておりますので。』

記憶もシェアされるようだ、身も心も丸裸である。


「気を取り直して、どんな武器とかがあるんだ?」


『それでは右手をご覧下さいませ♪』

バスガイドっぽい言葉に従い右手を見る。


いつの間にか、刀を握っていた。

刀身は日本刀のようになっている、鍔から柄にかけて

青い狼の頭を模したパーツとナックルガードが付いていた。


柄は、両手でも片手でもどちらでも持てる長さだ。

「・・・・・・まともに格好いい。」


素直に感心した、やっぱ格好良い。

『お褒め頂き感謝の極みですわ♪』


船を下りたら、技とか試したり練習しよう。
















  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます