第55話 心の旅 宇宙の魔人

修行により己の心の中へ意識を巡らせる進太郎、闇の中を漂っていく。


上下左右前後と言うような空間の知覚がおぼつかない、進んでいるのか?

後退しているのか?と言うのも判らず闇の中を漂流している。


「真っ暗だな俺の心の中、闇は慣れてるはずなのに闇が寂しく感じる。」


闇が寂しいなんてこれまで感じたことが無かった、闇は空気と同じだった。


自分の心なんか気にせず生きていたことを思い知った気分だった。


どの位経ったのか?時間の感覚もわからないまま漂っていた世界に変化が起きた。


闇の中、キラっと光る何かを見つけた。


気がつくと、自分の周りが暗闇からキラキラと光る星空のように変わった。

「人間界のテレビで見た、星空の様子に似ているな。」


モルド姫の言う事は、当たりだったなと思いながら漂う進太郎。


今度は、様々な惑星が間近で見える太陽系の図面のような景色だ。


惑星を一つ一つ見ると、それぞれがこれまで人間界で暮らしてからの出来事

や出会った人達が映し出される。


「・・・・・・・そうか、出会った人たちが俺の光になっているんだ。」


進太郎に、心の宇宙の星々から暖かい光が流れてくる。


暖かさに包まれた進太郎は、気づく。


自分の両手が、先ほどまで漂っていた宇宙になっている事に。


自分自身が、全身に光り輝く宇宙を内包した闇の巨人と化した事に。


こうして、進太郎は己の心と繋がり自身の光を手に入れたのであった。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます