必見;締め切りまで@12時間なのに文字数足らん人へ

作者 まめたろう

227

94人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

小説の書き方を記した指南書は多くありますが、今まさに小説を書いていて行き詰っている、助けがほしい、というときに役に立つものは稀です。本作はそんな痒い所に手が届くエッセイです。単なる字数稼ぎにとどまらず、同時に審査者の評価の向上も図れる、一石二鳥のアイデアが詰まっています。いずれも理解しやすい手法ですし、最後には実践例まで提示されていますので、アレンジを加えつつ今すぐにでも自分の作品に反映することができます。

★★★ Excellent!!!

参考にしてはいけません。
読んでいると強引過ぎてニヤニヤ笑いが止まりませんでした。

第二回カクヨムコンの締め切り間近ですが、この手段を使わなくてもいいように、しっかり予定を建てようと思わせてくれます。
これは本当に最終手段だ。実行しようとは思わないけれど!

★★★ Excellent!!!

実際に書き手の皆さんがコンテスト前に抱えている切実な悩みに対して面白可笑しく解決手段を提示するというお話。

本当に面白すぎて、もう何話かくらい続いて欲しいなと思って次のページをポチったら最終ページだったときの絶望感がたまらなかった。

★★ Very Good!!

これ!こういうふうに、あるある噺の中に人を幸せに笑わせる要素が欲しい。
貴方はセンスがある。

俺も足らなかった。97000字で完結してしまい放置したままコンクール締切2日まえになってしまい、見ず知らずの人に心配してもらったりもした(実話)。
もう、ぜんぶ、ひらがなにしちゃおうかな・・・。と何度思ったか分からない。
結局無駄っぽい戦闘シーンと日常会話を増やした。
そう。蛇足だ。

貴方にもっと早く会えればよかった。
この作品を、もっと早くに読んでいれば……

俺も、主人公を双子にしていたことだろう。

★★ Very Good!!

昨日の朝くらいであと一万字足りなかったのに、これを読んでニヤニヤしていた。いくつかの案は本当に使おうかと思った。
でもなんとか自力で乗り切った。

一夜明け目にした第9話。明らかになる驚愕の事実。

でも作者さんがこれを書いてくれて本当に良かった。肩の力が抜ける良いエッセイでした。