勇者になれなかった俺は異世界で

作者 倉田フラト

628

246人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

登場するキャラクターの設定が生かされていなかったり、出した伏線がそのまま放置されたままだったり。あれもこれもと盛りに盛ってあっちにふってこっちにふってとっちらかったイメージを強く感じる。ご都合主義っぽいストーリーメイクは好きだが、もう少し登場人物の明確なイメージと人間性(リアリティを感じるやりとりや主人公へ向ける気持ちなど)を上手に描いてくれないと読み手が作品に没頭出来ない。「娯楽作品のツボ」を心得ていそうな作者の今後に期待する。