今、闇落ちはしないほうがいい

作者 南野海

66

32人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

私は書き手だったので、書き手側としての不満が溜まっていた。
だが、この作品を読んで、これだけ書き手側に不正が起きていたのだから、運営側も対策を取るのが追いつかず、手をこまねいていたのかも、と思えるようになった。
また、不正をしているかもしれない作品も予選を通して、編集の段階で落とすと言うのは、まったく考えていなかった。
編集側もプロ。
不正なくして、高評価を得て、予選を突破した作品が大賞に選ばれることを元コンテスト参加者として、切実に祈る。
そうすれば、今後、開催されるコンテストにも希望が持てる。

★★★ Excellent!!!

この文章の主旨には納得するが、とはいえ、レビューしてくれた方とかにはお返ししないといけないかなと思う。

それは返報性の原理、心理といって、貰いっぱなしになると、その人の心理的立場が弱くなるんだよね。


贈り物とかお歳暮は何も賄賂とかそういうものではなくて、そういう人の心理に基づいたもので、それがやがて市場交換とか、経済の発展にも寄与していく。


お金の起源とは呪術的もので、そういう呪力で心理的呪縛を祓うお札みたいなものだったんだよね。

これは経済人類学の知見だが、まあ、お返しはしておかないと、心理的によろしくない。

フォロ爆、☆爆は何も不正や闇落ちというものだけではなく、自然な心理が働いた結果だったりする。

★★ Very Good!!

・・・後が続かないと思うから。

不正でたくさんの評価が付いたとして、その作品を読んだ時に「何これ。レベル低っ」と思われる方が恥ずかしい。
それなら「お礼レビュー」だの「相互評価」だの、そんなのは恥のネタになるだけだから欲しくない。
下手なら下手なりの等身大評価でいい。
少なくとも自分はね。