ラノベ作家への道のりを大相撲の番付で例えてみた。

作者 明石竜