君の側にいるために犬に転生し続けた結果

作者 哲奈

41

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

謂わばループ転生系純愛ストーリーで、タイトル通り犬に転生した主人公の物語なのですが、とにかくせつない。
あまり詳しく内容に触れようとするとネタバレになりそうなのでアレコレ書くのは難しいけれど、やや展開に捻りが効いていて、単純なお話ではないと思います。
読み終えて、思わず呻き声が漏れました。

★★★ Excellent!!!

「貴方には多くの仕事や余暇、友人がいます。でも僕には貴方だけしかいないのです」
 犬の十戒より。

 小学生の頃、犬をいじめていた中学生に喧嘩を売った覚えがあります。
 当然ボコられました。
 でも犬は逃げました。

 どうして人は、それ以外に優しくなれないのでしょうね?
 こういう転生モノは、心に染み入ります。

5/8 おいげん

 

★★★ Excellent!!!

自殺した主人公の男の子が、好きな女性と一緒に居たいがため、何度も何度も転生を繰り返す。。犬として。
犬目線の人生ならぬ犬生の描写が、素晴らしいです。
多分彼は、その女性にこだわらず、人として転生するのがベターだったのでしょう。
そう思わざる得ないほど、淡々と描写された犬生は過酷です。
ラストで主人公は、意外な人物と邂逅します。
その人物のセリフがまた。。じんわりと心に響きます。
生まれ変わったら、何になりたいって考えちゃう、珠玉の短編です!!!

★★★ Excellent!!!

主人公は究極的に彼女を愛していただろう。別れた彼女、元嫁がずっと好きで、それ以降新たな恋人を作らない人って案外いたりする。そうなるくらいなら、犬として側にいたいと一旦は思ったが、それすらも間違いではないかと考えてしまう。

どうすれば愛することをやり遂げられるのか、という究極の問題を考えさせられる作品。