第23話 理由

 ルーさんを信じることにしたあたし達は、ルーさんを先頭にして歩き始めた。


「本当だ。この辺は地図がはっきり映らない」


 ジェインさんは端末機をのぞいてから、ルーさんの山のような後ろ姿を見た。


「そうでしょう? だから、ここに住んでいるの」


 ルーさんは自慢げに言葉を返した。


「だが、占い師なのだろう? 客がたどり着けないんじゃないか?」


 あたしも、ジョシュアさんとおなじことを考えてた。


「お客様はきちんと導いてあげるわよ。あんた達みたいにね」

「なんのことだ? おれたちはおまえに導かれて、たどり着いたわけじゃないぞ」

「そう思いたければ、それでいいわよ。まったく、短気でわがままなんだから。人の言うことなんて、聞いちゃいないのよ」


 先導する、と言っておきながら、突然歩くのがおっくうになってきたのか、ルーさんが突然愚痴を言い始めた。


「そう、ぼやくな。アイシア・アップルティは見つけしだい拘束するからな」

「やぁだ、拘束なんて、いやらしい」

「いやらしくないっ。カイル・アップルティ、侮辱罪で逮捕するぞ」

「イケメンに逮捕されるのはありがたいけど。王子様には興味はありません」


 のらりくらりとジョシュアさんをかわすルーさんは、どこかたのしそうだ。


 ところで、ルーさんって、あたしとユイニャンのことを覚えてるのかな? でも、今は余計なことを話さない方がいいのかもしれない。結局、あたし達は客じゃなかったんだから。


 ユイニャンの魔力を安定させるには、どうすればいいですか? なんて、占い師に聞くことじゃなかった。だけど、あの頃のあたしは、ユイニャンが魔女になって、しかも不安定な魔力がいつ暴発するかわからない不安で、頼れる人なんていなかった。それでつい、学校で噂になっていたルー・ルーの館をおとずれたのだった。


 あれから毎日のように、処刑の滝で魔法の練習をしていたユイニャン。すべては、魔力を安定させたい一心からのことだった。だって、魔力が安定すれば、魔女狩り実行委員会が来た時に、魔力を渡せばすむことだもの。


 だけど、不安定な魔力をゆずり渡すことは、双方にとって命の危険がともなう。だから困ってるんだよなぁ。


 小高い丘を登った先に、処刑の滝が見えてきた。


「あれがアイシア・アップルティか。ジェイン、すぐに馬車の手配をしろ。城に連行する」

「はっ。ただちに手配いたします」


 ルーさんのおっきい背中の先に、やせ形で赤毛のかわいい女の子の姿が見えた。アイシアさんは、あたし達の姿を認めると、観念したように微笑んだ。


「連れて来たわよ、アイシア」

「ありがとう、ママ」


 アイシアさんは滝を背に、あたし達の顔を見た。


 と同時に、あたし達の腕につけてある、一定水準以上の魔女に反応するセンサーが、一斉に鳴り始めた。


「アイシア・アップルティだな。一定水準以上の魔女として、ロイヤルミルクティの城まで来てもらう」

「あら、素敵なお誘い。でも、断る権利はないんでしょう?」

「もちろんだ。その前に聞かせてくれ。なぜわざわざつかまるようなマネをした? 魔法使いを襲わなければ、とらわれることもなかったろうに」

「そうかしら?」


 アイシアさんは、クスクスと笑う。


「あたしが魔法使いを襲わなくても、あなた達はあたしをつかまえに来たんじゃない? カナミア様にもそそのかされたんでしょ?」

「それもあるが……。おまえ、カナミアと話をするか?」


 ジョシュアさんは、カナミア様との約束を思い出したのか、アイシアさんに聞いた。


「話すことはなにもないわ。どうせ、新しいドレスのことでも聞きたいんでしょう」

「おまえは、この島を滅ぼそうとたくらんでいるのか?」

「いいえ。そのつもりもないわ。ただ少し、あなた達をもてあそんでるだけ」

「はぁっ!? なんだよ、それは……」

「それより」


 たじろぐジョシュアさんを無視して、アイシアさんはジェインさんをにらんだ。


「うまく化けたつもりでしょうけど、あなた、以前あたしをだまして魔力を奪おうとしたでしょう? 名前は、そう、ジェイン」


 そんな過去があったのか、と、あきれるあたしたちの前で、ジェインさんはしどろもどろになって、ドレスを脱いだ。……よかった。中はちゃんといつもの旅装束だ。


「あの頃のあなたは、魔力の数値がかなり高かったから、少しばかりゆずってもらおうかな、と思っただけです」

「だったら口でそう言えばすむことでしょう? 出会っていきなり頭突きしようとしたのよ、この人!」

「……反省しています」


 ジェインさんは素直に頭を下げた。


「ジェインのことは、このおれがあやまる。しかし、そういうおまえも、初対面の魔法使いから魔力を奪い取っただろうが」

「そうね。気持ちの悪いおっさんばっかりだったわ。中には魔女狩りもいた。……知りたい? なんであたしがこんなバカなマネをしたのか?」


 そりゃ、知りたいよ。せっかくここまで来たんだもん。だけど、アイシアさんの答えを聞く前に、ロイヤルミルクティ国の馬車が到着した。当然、水をさされた形になったアイシアさんは不機嫌にそっぽを向いた。……やだ、この人、カナミア様ばりに気が強いんじゃないっ!?


 つづく











  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます