書くこと、読まれること、評価されること

作者 希藤俊

49

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

 小説投稿サイトに参加しているといやでもポイント、他者の評価といったものが気になるときがあります。
 しかし時にはそんな外からの雑音に惑わされることなく自分の思ったことを素直に書くということも必要なのではないでしょうか?
 そんなことを思わせてくれるページです。
 ぜひご一読を。

★★ Very Good!!

自分の想いを誰かと共有したい、分かち合いたい

それが、小説を書く者だけでなく、創作をする者全員の、原初の願いでしょう。

しかし、それでは「商売」にはならない。

このサイトの目的は「発掘」であろうと考えられます。
表向きは「面白い小説を書ける人を探しています」としてありますが、実際は「人気者探し」となっています。
編集部がプロデュースしなくても人気があるもの、ファンを連れてくる作家、流行に合わせて「商品」を「生産」できる存在。
とどのつまりは「打出の小槌」が欲しいのです。

本当に人気があるなら大手を頼る必要なんてないと思うんですけど。

★★ Very Good!!

何より自分自身が「書きたい」から書く。
ほとんど評価が入らない作品であるにも関わらず、
自分自身が作品をサイトに上げるのは、もうこれしかない。
そういった筆者の文章熱や物語を生み出したい!という強い気持ちがなければ、
そもそもそういった行為に至ることの説明がつきません。

そしてそれを万人の目に触れる可能性のあるwebサイトにアップするのも、
その既成事実(読まれるか読まれないかは二の次で)が欲しいからなのだと。
それは一つの自分自身の存在証明に他なりません。その意味で、たとえ読者が
いなくても、その文章や作品が書かれる意味がないなどということはないと思います。

それと「どのように書くか?」について。ただ思うままを書き殴るにしても、
その書き方いかんによって読みやすさや読者を惹きつける文章そのものの魅力は、
随分と違ってきます。個人的に作詞などもしているからかもしれませんが、
ボキャブラリーの豊富さであるとか、いかに印象的に読ませるか、といった
言葉それ自体の選出やバランス具合なども常々意識している点ですが、それらは
心がけ次第で幾らでも改善することができます。そもそも文章を綴ることが趣味で、
ある程度のまとまった文を書くことが苦にならないのは大前提ですが…
(そうでなければ、なぜ書いているのか?という話になりますが)

あと思わず笑ってしまったのは二部のカテゴリー(ジャンル)について。これ私自身が
常々思っていたことで、勢いあまって以前、運営様に「どうにかなりませんかね?」
などと無謀にも、さらっと異議申し立ててしまいました(因みに未だ返答なし)。
正直、恋愛ありSF要素あり現代ドラマでもありミステリーでもある…でも大きく
括るのならファンタジーだろうということで、それに落ち着きましたが、そもそも
そのカテ説明文が、いわゆる「異世界もの」にしか特化してないような文章だ…続きを読む