長期入荷不能とその危機を救った作品

 昨日更新お休みしてすみません。こんばんは。

 いよいよ本格的にGWに入りましたけど私は午後から仕事です。

 チクショウメェェェ!

 

 ……はい。

 ええと、2014年秋アニメ原作ライトノベルの商品展開のお話を始めさせていただいていたんですよね。


 あの時アニメ化原作ライトノベルでもっとも売れていたのは富士見ファンタジアさんの『甘城あまぎブリリアントパーク』、通称『甘ブリ』。

 

 エレメンタリオの面々もそうですけど、とりわけ千斗いすずが性的でした。

 かつてのモリサマーも、前クールの舞先輩もそうですけど、京都アニメーションの女性キャラは性的すぎます……!

 

 あまりに売れすぎて補充の発注をかけてもまったく来ないというありさま。

 おかげで11月時点でほぼ在庫なしの状態となってしまいました。

 

 注文はすれどずっと入荷ナシ……

 通常ですと注文したらだいたい2週間できてくれるんですけど……

 2巻~4巻がかろうじてあった、って感じでしたでしょうかね?

 でも以前書きましたけど、1巻がなければその次は買ってもらえないということがありますので、在庫は動かないまま。

 

 ライトノベル全体の売り上げ自体は好調に推移しているようではありましたが、販売ロスがずっと続いているのはよろしくない。

 でも『甘ブリ』の穴を埋められるだけの回転がある作品となるとなかなか難しいだろうと思っていました。


 そんな状況を救ってくれたのはMF文庫Jさんの『魔弾の王と戦姫ヴァナディース』。

 中盤に差しかかっていくにつれて売れ行きも上がっていってくれました。

 『甘ブリ』よりも巻数があったので、最初はそちらほど勢いはなかったものの、一応それなりに在庫できていたこともありまとめ買いをしてくださる方々もポツポツいてくださったり……。

 こちらも補充が入手しづらい状況ではありましたが、なんとかアニメ放送の時期を乗り切ることができました。

 

 前任者の方が在庫をかなり確保してくださったおかげですね……!

 一応『甘ブリ』も最初はけっこうあったんですけどね。



 作画崩壊などが騒がれ心配していた『俺、ツインテールになります。』も、逆にそれが話題になったことで注目度が上がり、同じく中盤以降に伸びていってくれたように記憶しております。

 いまだにネットなどでは引き合いに出されますからね。ヘタに出来がよくて佳作止まりで埋もれてしまうより幸運だったかもしれません(笑) 

 アニメ化終了後に出た新刊もかなり好調に推移しましたし。

 

 私は作画崩壊とか言われる以前に最初から見ておりましたけど、あのノリけっこう好きですよ。

 挿絵絵師の春日歩(『最弱無敗の神装機竜バハムート』挿絵、漫画『城下町のダンデライオン』)さんのファンでもありますし。

 

 れすきゅ~!



 ともあれ、ライトノベル売り場を担当して最初のクールだったこのシーズン、色々と学ぶところが多かったですね。

 次は完全に自分が売り上げを見て補充するクールへと突入するわけですが……この時に学んだことを筆者は生かせたのでしょうか?

 

 

 続きは次回!

 いよいよお待ちかね、ディオメディア艦隊が出撃します! 乞うご期待!

 ……多方面から怒られない限りは!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!