ママゴト


【夫のターン】


 今日は親友の息子であり、娘の友達である剛君が遊びに来た。と言っても、特別なことではなく週2~3回は遊びに来ている。言うなれば、幼馴染。凜ちゃんが浅倉南だとすると、剛君は上杉達也、もしくは上杉和也。


 子どもに言うことではないけれど、羨ましいポジションである。


「ねえ、剛君。オママゴトやろー」


「うん、やろー」


 そう言って二人で夫婦ごっこを始めた。いつ見ても、子どもたちのママゴトは微笑ましい。


「二人とも仲いいねー」


 妻も微笑ましそうな表情をしながら見守っている。


「そうだなー」


「なんか、このまま結婚しちゃったりしてねー」


「……」


「……」


「剛君……ちょっと娘に近いんじゃないか?」


 父さん中途半端な男は許さんぞ。


              ・・・


 ピンポーン


 インターホンが鳴り、玄関モニターを覗くと親友の岳が立っていた。今日の晩飯の買い出しから帰ってきた。ちなみにこいつの奥さんであり、理佳の幼馴染であるという十字架を背負った真奈ちゃんは、現在、生まれたばかりの子どもと里帰り中である。


 妻のお腹が大分大きくなってきたので、代わりに俺がお出迎え。


「ただいまー。剛はいい子にしてたか?」


 岳が大量のビールとつまみを持ちながら、靴を脱ぐ。


「ああ、ママゴトやってるよ。二人して夫婦ごっこ。子どものママゴトは微笑ましいよなー」


「そう思うんだったら、凛ちゃんを剛の妻にくれよ」


「馬鹿野郎! 中途半端な男は許さないぞ」


 なんて軽口を叩きあいながら、リビングへと入った。


 ガチャ。


「剛君、お手」


「ワン」


「お座り」


「ワンワン」


「よーしよし。いい子いい子」


「クゥーン、クゥーン」


             ・・・


 二人ともなにやってんの――――――!?


「フフフ……二人とも微笑ましいね」


 バカ妻が聖母のような笑顔で見守るが、犬役にされた剛君の父親(岳)は戸惑っている。


「ち、凛ちゃん!? さっきまで、夫婦ごっこやってなかった?」


 いつから飼い主と犬役に!?


「夫婦だよー」


「えっ?」


 俺が思わず尋ねた。


「えっ?」


 岳も思わず尋ねた。


「うんうん、仲いい夫婦ね」


 ああ、お前(妻)は頭おかしいんだったな。


「凜ちゃん、どゆこと?」


「パパとママの真似だよ!」


 !?


「修……お、お前……」


 親友が二、三歩俺から距離を取る。


「が、岳……違うんだ……」


 聞いてくれ……話せば……わからないかもしれないけど。


「修ちゃん……認めちゃいなよ」


「てめーは黙ってろ!」


 後で覚えてろよテメー。


「いつもこんなこと……やってんのか?」


「い、いや! そんなわけないじゃないか!」


 だから、そんな目で見ないでくれ。


「たまにだよねー♡」


「そう、たまにだ。たまに……えっ?」


「えっ?」


             ・・・








 結局、誤解は、解けなかった。




 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます