俺のバナナ


 深夜0時半に帰宅。疲れた……とにかく、疲れた。なんなんだ会社のやつらは。俺に恨みでもあるのかというぐらい、いろいろ無理難題を課してくる。そのせいで、もう身体は限界が近い。そして、この寒空に自転車通勤。もう、逆に疲れすぎてテンションが上がって、自転車乗りながら音楽を熱唱。たまに通行人に変な目で見られたりした。


 しかし、もう我が家だ。


「ただいまー」


 って誰も起きてるわけ――


「おかえり」


 珍しく妻が起きていて、出迎えてくれた。


「里佳……お前、こんな時間まで」


 疲労からだろうか、不意に涙腺が緩んでくる。


「なに言ってるの。仕事から帰ってきた夫を出迎えるのは、貞淑な妻の務めでしょう?」


「そ、そうか」


 お前がいつなんじなんぷん貞淑だったのかは、全力で問いかけたいところではあるが、とにかく、ありがたい。


「ご飯できてるから」


「ん。ありがと」


 そう言って、スーツを預けて冷蔵庫へ向かう。


 とにかく、バナナ……バナナ……バナ……バ――


「バナナねーじゃねーか――――――――!!!」


 どこやったんじゃ俺のバナナ――――――!


「えっ、嘘……まさか……凛!?」


「む、娘のせいにするとは親の風上にも置けない奴だな!」


「そうよね、私も娘じゃないって信じたい!」


 そう言って俺の手をギュッと握る第一容疑者。


「というか……お前だろ!」


 名前書いてあった……俺の名前をひらがなで書いてあったよな。


「食べてないよー」


「じゃあ、誰が食べたんだよ!?」


 そう問い詰めると、凛は冷蔵庫を開けて、見渡す。


「タベテナイヨー」


 じゃあ、なんでカタコトなんだよ!


「お前だろう!? いや、お前しかいない!」


「違うって……はっ!?」


「……どうした?」


 自首するのか?


「ちょっと考えてみて。凛は、食べてないって。で、もちろん私も食べてない……ということは――」


「バナナが勝手に動き出していなくなったってのか! そんなわけないだろ!」


「だよね! 私もそう思う……ってことは……まさか……空き巣」


「じゃねーよ! バナナだけ食って帰る空き巣がどこにいる!?」


「だよね! 財布とか、貴重品とか確認するね!」


 ど、どうしても空き巣のせいにしようとするのかこの馬鹿妻は。


            ・・・


 10分後。


「隊長! ありませんでした」


「……そうか」


 ま、まあよかったけども。


「ごくろうさまでした。お休みなさい。いやぁ、空き巣じゃなくてよかったー」


 妻は、満足げに二階へ上がって行った。


              ・・・










 俺のバナナは!?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます