【妻のターン】


 日曜日。午前9時にみんなでテレビを見ていると、インターホンが何度も何度も鳴らされる。


「誰だろう?」


 そう言いながらモニターを見ると……


「お義母さん!? ど、どうしたんですか?」


 そこに映ってたのは、修ちゃんの生みの親である和子さん。そして、現在絶賛私の姑である。


「へへ……家出してきちゃった」


 てへっ、と言った感じで照れ笑いする。


 そんな表情を隣で夫が見つめる。


「どうせ、親父と喧嘩してきたんだろう?」


「離婚する」


 !?


「阿呆か、離婚とかそう簡単に口走るなよ!」


「とにかく入れなさいよこのバカ息子」


「ば……ババア」


 そんな温かい母息子のやり取りを横目に、戸惑いを隠せない私。お義父さんは、非常に優しい人で、なにをやってもニコニコしてくれている。そんなお義母さんとお義父さんが離婚……ちょっと、自分たちの話以上に笑えない話だ。


「あらー、凛ちゃーん」


「ばあばー!」


 家に入って来るや否や、娘と熱烈なハグ。傍から見れば落ち込んでいるようには見えない。


「おい……なにがあったんだよ?」


 修ちゃんもイライラを隠さずに尋ねる。


「……」


 お義母さんはなにも語らない。


「黙ってちゃわからないだろう?」


「……」


 やっぱり何も言わない。


「修ちゃん。とにかく、いったん落ち着いてもらおうよ。お義母さん、せっかく来たんだからゆっくりしてくださいね」


 こんな時だ。ジョークは抜きにして、精一杯もてなしをさせてもらおう。


「……ありがとうね、里佳さん」


 その言葉には、いつものお義母さんらしい元気が足りない。やっぱり、なにか、あったのだろうか。


               ・・・


 2時間が経過。存分に、娘と遊びつくした後、いつもより笑いながらリビングでテレビを見る。


「おい……いい加減話してくれてもいいんじゃないか?」


 修ちゃんが尋ねる。今度は感情を抑えている。


「……あんたみたいに単純じゃないのよ」


「ば、ババア」


「そんなことより、あんた! 里佳さんに迷惑かけてない? 里佳さん、このバカで愚鈍な息子は、あなたに迷惑をかけていないかしら?」


 素早く話を転換するお義母さん。


「は、はい。まあ、


「ば、バカ妻がぁ」


 素早く修ちゃんのツッコミが入る。


「1ミリでも迷惑かけたら、私に言ってね! この息子を箒でボコボコにする……そんなことぐらいしか……私にはできないから」


 お、お義母さん……凄く物騒なことを口走っています。


「あのなぁ! いい加減になにがあったか教えてくれよ!」


「……」







 無視。こんな時に、修ちゃんのふてくされた様子と重ねてしまうのだった。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます