京都旅行×5


【妻のターン】


 帰りの車内、運転は修ちゃんだ。


「たまにはお前が運転しろよ」


「グー……グー……」


「いや俺が悪かった。せめて、起きろ」


「あいあいさー」


「やっぱ狸寝入りじゃねえかこの野郎」


 痛痛痛痛痛痛痛痛いだだだだだだだっ……頬っぺたをつねられた。


 凜は疲れ果てて、ぐっすりだ。夫婦水入らずの2人きり。


「でも、懐かしいねー。一年前の愛媛旅行もこうやって車で行ったよねー」


「……お前、出発十分で寝てたじゃないか」


 そ、そうだっけ。


「この車で富士山にも行ったし」


「……その時もぐっすりだったけど」


「と、鳥取砂丘!」


「以下同文」


 ごめーん! 毎回寝ててごめーん!


「でも、いつもありがとうね」


「なにが?」


「全部!」


「……言うの面倒くさいだけだろう?」


「違うよ」


 本当に全部。


「わっ! お、お前なにすんだよ」


「ヘヘ……びっくりした? 眠気覚まし。嬉しい?」


「バカっ、お前なにをバカ……」


 照れてる照れてる。


                ・・・


 養老サービスエリアに着いた。


「ふぅー。ちょっと休憩。30分くらい寝るわ」


「お休み」


「……ってお前、なにをすり寄ってきてんだよ」


「一緒に寝よ?」


「ば、バカ! 狭いだろ」


「狭いからいいんじゃん。ウリウリ」


「や、やめろよ」


 そう言う割には抵抗が弱い。実はそんなに嫌がってない状態。


「にゃんにゃん♡」


「……ぶっ飛ばすぞ」


 こ、これは未だに許されていないようである。


「んー」


 ほっぺでスリスリ。


「……」


 これは、凄く嬉しそうだ。


 一つのシートで夫と私で2人。イチャイチャ的な展開。ラブラブビーム全開。


「お前……凛起きちゃうし……」


「いいじゃん。一緒に寝てるだけだし」


「ま、まあそれはそうだけど」


「修ちゃん、見てよ、空」


 窓の外で満天の星空が瞬いている。


 こんなのも、たまにはいい。お互いに冗談したり、からかったりも楽しいけれど、二人で仲良く同じものを見て愛し合うのもたまには。


「……里佳」


「ん?」


「……いつもありがとうな」


「なにが?」


「……全部」


「フフ……じゃあ、もっとイタズラするね」


「……それ以外」


 あら。


「ねえ、パパ、ママ」


 !?


「り、りりりりりん!? 起きちゃったのか?」


「ちょ、ちょちょちょちょっとだけうるさかったかな? アハハ、アハハハハ」


 な、なにやら凄く恥ずかしい。二人して凄く恥ずかしい。


「おトイレ行きたい」


「そ、そうか! そうだよな、里佳、連れてってやりなさい」


「ラ、ラジャー! 了解しました将軍閣下」






 それからは、互いに気恥ずかしかった。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます