京都旅行×3

【妻のターン】


 謎の外国人と別れた後行った後、坂本龍馬の墓がある京都霊山護國神社に到着。


 坂本龍馬。夫が大ファンで、たまに寝言で『世界の海援隊にでもなろうかの』とか、口走ってるぐらいだ。さっき、謎の外国人と池田家に行って、『ここで、龍馬先生が……』と、しみじみと柱に語り掛けていた。


 詳しくは知らないが、おりょうという超美人の妻がいて、新婚旅行を初めて行った人だそうだ。


「ここに……坂本龍馬先生が……」


 本日2度目のつぶやき。


 その後も、ブツブツと感慨深げに山道を進んでいく修ちゃん。娘が疲れて足を止めるが、見向きもせずに進んでいく。


 仕方なく、私が娘をおぶって歩く。


 龍馬の墓に到着。


「ここに……坂本龍馬先生が……」


「……」


 なんかい言うんだよ、こいつ。


 そんな心のツッコミを全く気付かずに拝む夫。


「ママー、お腹減ったー」


「……凛、我慢なさい」


 夫曰く、『男の趣味は、ロマンだ』とのこと。


 貞淑で献身的な妻としては、ロマンな夫を全力でサポートさせていただきたいところだ。


その代わり、後でマカロンを食べたい。


「里佳……」


「はい」


「俺は……坂本龍馬のようになりたい……」


「……」


 いつもなら、からかって、小馬鹿にして、怒らせているところだが、夫の目がマジである。 


「じゃあ、私は『おりょう』だね」


「……ふざけんな」


 冷静にツッコまれる。


「凛、坂本龍馬はな……北辰一刀流という剣術でも凄い腕前でな、片手上段というこんな感じの構えで、バッタバッタ凄腕の剣士を倒していったんだ。あの、桂小五郎もそれはそれは凄い剣豪だったんだけど――」


 娘を抱きかかえながら、キラキラした瞳で語り掛ける父。


 そんな父親を、生ごみを見るかのように見下す娘。


 どうやら、興味がないようだ。


 全然のようだ。


 我が娘ながら、なんと恐ろしいほど冷たい視線で人をみるものだ。


 将来が末恐ろしい。


「でな、桂小五郎に龍馬は言ったんだよ! 『薩摩じゃ長州じゃといつまでそんな小さなことにこだわっとる! これは、薩長のためじゃのうて日本のための同盟じゃ』と……」


 なおも、娘が生ごみを見るかのように、父親を見る。


 さっきまで天使のような微笑みを浮かべていた少女が。


 興味のない話をされた途端、そんな冷徹な瞳で。


 私たちはとんでもないモンスターを生み出してしまったのかも――


「ちょっと里佳! お前、ちゃんと聞いてるか?」


「は、はい」


「それでな……坂本龍馬は思ったわけだ。このまま薩長と幕府がぶつかって日本の国力を――」


「……」




 30分間、母娘、生ごみを見るような瞳で、夫を見続けた。


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます