どうして?

【妻のターン】


「ねえ、どうして?」


 でた、娘の『どうしてどうして』攻撃。小さい子には、どうもそういう時期があるらしく朝から晩まで繰り返しだ。


「どうして地球は丸いの?」


 そ、壮大。


「ええっと……サッカーボールって丸いでしょ?」


「うん」


「神様が蹴って遊ぶため!」


「阿呆か」


 後ろからスパン。修ちゃんからぶたれる。


「いったぁー、なにすんのよ」


「適当なこと教えるなよ。こういう質問は誠実に、真摯的に答えるのが子どもの教育ってもんだろう?」


「……じゃあ、修ちゃん答えてみてよ」


 そんなに言うなら、やってみせてごらんくださいな。


「パパー、ねえ、どうして?」


「なにがだい?」


「どうして、凛が生まれたの?」


「……」


 夫は、1000ダメージを、喰らった。


「修ちゃん、私もそれ聞きたい。なにがどうして、こーんないい子が生まれたのか。なにが、どうして?」


「き……貴様っ」


「ねえ、どうして?」


 迫る、娘。たちろぐ、夫。


「……パパとママが愛し合ったからだよ」


 顔を真っ赤にしながら、答える。


「なるほどねぇ」


 にやにや。


「……」


 ツンツン。


「……やめろ、バカ」


「愛し合うって?」


 さらに踏み込む娘。さすがは、私の娘。


「愛し合うって?」


「い、一緒になって尋ねてくるんじゃねぇよ」


「ねえ、パパ。愛し合うって?」


 再び迫る、娘。もはや、逃亡寸前の夫。


 さあ、どうする? 4歳の子にどう説明するの?


「……セッ……コウノトリが凛を運んできてくれたんだ」


 揺れている……真実とメルヘンの間で揺れ動く夫。


「セッコウノトリって?」


「……ブフッ」


「お前……笑ってんじゃねぇよ」


「し、失礼しました。で、修ちゃん。セッコウノトリって? どんな鳥なの? 図鑑には載ってないみたいだけど」


「き……貴様っ」


「ねえ、セッコウノトリって?」


 娘の追及は止まらない。とどまることを知らない。


「……ふふっ、凛ちゃん。聞き違いだなぁ。パパはコウノトリって言ったんだよ。コウノトリはね――」


「ううん。言った。パパ、セッコウノトリって、言ったもん」


 頑固な娘。『真実はいつもひとつ』的なアニメを毎週見ている影響だろうか。


「私も聞いた。セッコウノトリって聞いた」


「フォローしろよ! なんで、そっち側だお前は」


「面白いから!」


「ぶん殴るぞ、お前」


「ねえ、パパ。セッコウノトリって?」


「……凛ちゃん、犬にもいろんな犬種がいるだろう? トイプードル、とか柴犬とかセントバーナードとか。コウノトリにもいろんな種類がいて、セッコウノトリは……そんな感じ」


「ふーん」


 答えに満足したのか、もう飽きたのか、小悪魔(娘)は去っていった。


「……」


「……なんだよ」


「いやぁ、勉強になりましたわー。そんな風に答えればよかったんですねぇ」


 ツンツン。


「非常に回答でした。私も見習うことにしますね。いやぁ、セッコウノトリはコウノトリの一種かぁ……」


 ツンツン。


「……俺が悪かったです。ごめんなさい」







 深々と頭を下げる夫であった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます